離乳期の鉄分補給に! 「フォローアップミルク」の役割&おすすめ食材

【ママからのご相談】
生後8か月の娘をもつ母親です。離乳食は5か月に入ったころから始めました。以前はあまり食べてくれなかったのですが、最近は少しずつ食べる量が増えてきました。離乳食以外では母乳を飲んでいますが、鉄分不足が心配なので、そろそろフォローアップミルクも飲ませた方がいいのでしょうか?

a 離乳食が順調に進んでいれば、飲ませる必要はありません。

こんにちは、ママライターのacoです。ご相談ありがとうございます。

私にも相談者様と近い月齢の子どもがおりまして、以前フォローアップミルクを飲ませるかどうか、悩んだことがあります。結論としては、フォローアップミルクは絶対に必要なものではなく、離乳食が順調に進んでいれば飲ませなくてもいいそうです。

151123aco

フォローアップミルクの役割とは?

赤ちゃんは、ママのお腹の中にいるときから、胎盤を通じてたくさんの鉄分をもらい蓄えています。これを“貯蔵鉄”といいます。生後9か月ごろまでは、離乳食をほとんど食べなくても、貯蔵鉄のおかげで貧血の心配はほとんどありません。しかし9か月以降は貯蔵鉄が底を尽きてくるため、鉄分の補給が大切です。そこで手軽に鉄分が補給できるよう登場したのが、フォローアップミルクです。

フォローアップミルクが登場する前は、離乳期に安くて栄養価の高い牛乳を飲ませることが多かったようです。ですが牛乳だとタンパク質が多すぎて、子どもがアレルギーになる可能性があったり、胃腸に負担がかかります。そして牛乳だと鉄分の摂取量が不足します。牛乳よりもタンパク質を少なくし、鉄分を強化したものがフォローアップミルクというわけです。

お子さんが順調に離乳食を食べているのであれば必要ありませんが、もしなかなか離乳食を食べられない場合や、離乳期が完了してもミルクを欲しがる場合は、フォローアップミルクを飲ませるといいでしょう。

離乳食におすすめの鉄分豊富な食材

フォローアップミルクの使用に関わらず、特に9か月以降は、離乳食にはなるべく鉄分が多く含まれる食材を選びましょう。私の場合、子どもが徐々に離乳食を食べるようになってきたため、フォローアップミルクは飲ませていませんが、離乳食には以下の食材を積極的にとり入れています。

【鉄分が多く含まれる食材】
・オートミール
・赤身魚・肉
・レバー
・ほうれん草
・小松菜
・ひじき
・納豆
・大豆
・きな粉

オートミールは水や豆乳を入れてレンジで加熱するとお粥のようになります。手軽なこともあり、わが家では朝食時によく登場します。下処理が面倒なレバーはベビーフードを活用したり、ほうれん草や小松菜は野菜パウダーを使うこともあります。

お子さんの離乳食の状況によって、鉄分摂取の方法も異なりますが、毎日育児でバタバタなママだからこそ、少しでも手軽な方法で補給できるといいですね。

【参考文献】
・『小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK』森戸やすみ・著

●ライター/aco(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする