ベストな収納場所は? 意外とデリケートな「土鍋」を扱う注意点

【女性からのご相談】
こんにちは、20代主婦です。この春結婚しました。1人暮らしのころはやらなかったのですが、この冬は主人と鍋を囲みたいと思っています。そのため、土鍋を購入しようと思うのですが、収納や使用時の注意点などはありますか?

a 土鍋はとてもナイーブです。湿気や収納場所に気をつけましょう。

こんにちは。ご相談ありがとうございます、片付けパーソナリティあさがみちこです。

そろそろお鍋を囲む時期ですね。お鍋は簡単に作ることができて主婦にもありがたい味方です。いろんなバリエーションを楽しんでくださいね。今回は、鍋の取り扱いについてお話ししていきます。

151119asagamichiko

土鍋におすすめの収納場所

さて、収納場所のご相談ですが、収納には中>下>上の法則があります。1番使いやすいのが腰位置から目線の高さの中段、次がしゃがんで取れる下段、そして手をのばしたり、スツールを使う手間がかかってしまう上段。

土鍋は重いので、上段は向いていません。では中段は? きっと毎日お鍋にはしないですよね。一番使いやすいゾーンに土鍋があるとちょっと邪魔になってしまいます。下段がいいでしょう。

キッチンでの土鍋の収納場所ですが、食器棚に余裕があったらぜひ食器棚の一番下に収納してください。土鍋は湿気などを吸収してしまうので、シンクの下はなるべく避けたい場所でもあるんです(とはいえ、最近のシステムキッチンは優秀なので、比較的新しいものであれば問題ありませんが)。

そして、ガスコンロもとガスボンベも一緒に収納すると便利です。収納は“取り出しやすく使いやすい”が鉄則。ガスコンロもガスボンベも同じ場所に入っていると、アクション数が少ないのでお手伝いもお願いしやすくなるし、楽でいいですよ。

土鍋はナイーブ

私が購入した際に教えてもらったのが“土鍋はナイーブ”ということ。使う前にはきちんとお粥(おかゆ)を炊いて目止めをしましょう。シーズンが終わってしばらく使わないときは、しっかり乾かしてから新聞紙でくるむこと。これが長持ちさせる秘訣だそうです。わが家は通年鍋をするので、新聞にくるむことはありませんが、ぜひ実践してください。

ガスコンロやガスボンベの取り扱いにも気を付けよう

数年前、学園祭でカセットボンベが爆発した事故を覚えていらっしゃいますでしょうか。コンロの受け皿を反対に設定したまま使用したため、カセットボンベが過熱され爆発してしまいました。他にも、カセットコンロ2台の上に鉄板を置いて調理していたら、やはりボンベが過熱されて爆発してしまいました。

自宅でそういった使い方はしないと思いますが、燃料ボンベカバーを覆うような大きな鍋を使用してしまうと、燃料ボンベが過熱されて破裂してしまいます。サイズ感も必ず確認してくださいね。

東京消防庁の調べによると、缶及び簡易型ガスコンロ燃料ボンベなどによる火災は過去5年間で785件発生。平成22年から年々減少傾向にあったものの、平成25年は前年に比べ11件増加の129件となったそうです。

エアゾール缶により、平成25年に火災に至った主な原因で最も多いのが、最後までガスを使い切らずに捨てられたエアゾール缶等の残っていたガスが、清掃車の荷箱内で噴出し、ごみの圧縮時に発生した火花が引火して火災となるものだそう。51件も発生しているそうです。

一方、缶及び簡易型ガスコンロ燃料ボンベなどによる事故(火災に至らず、やけどなどを負ったもの)も過去5年間で89件も発生。平成25年では前年に比べ10件減少したということですが、事故に至った原因で最も多いのが、廃棄するためにエアゾール缶等に穴をあけた際に噴出した残存ガスに、近くにあったガスコンロ等の炎が引火してやけどを負うなどの事案で、27件発生しているとのこと。

楽しんだ後の処理も大切です。各自治体によって処分の仕方も違います。ちゃんと確認しましょうね。

【参考リンク】
エアゾール缶等による火災・事故をなくそう | 東京消防庁

●ライター/あさがみちこ(片付けパーソナリティ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする