経済格差がツラい!? ママ友との「家族ぐるみの付き合い」体験談3つ

【ママからのご相談】
幼稚園と小学校に通う女の子を育てているワーキングマザーです。昨年マイホームを建てました。子どもに通わせている学校が同じこともあり、顔を合わせると少し会話をするママ友がいます。「今度うちに遊びにおいでよ!」と誘われ、具体的な日付の候補まで話をされました。家族ぐるみの付き合いって必要なのでしょうか。仕事もありますし、ちょっと煩わしい気がして憂鬱です。

a 家族ぐるみで仲良くなるとさまざまなメリットがありますが、信頼できる相手かどうか見極めましょう。

こんにちは、どっふぃーです。ご相談ありがとうございます。

たしかに、顔を合わせると話す程度の付き合いから、急に家族ぐるみの付き合いになると少々煩わしさがあるかもしれません。ママ友のお宅へ伺うとなると手ぶらではいけませんし、いつかは自宅へ招くことにもつながります。家族ぐるみの付き合いの良い点と悪い点について知っておき、相手が信頼のできる人かどうかを見極めたいところですね。

151117doffy

ママ友との“家族ぐるみの付き合い”についての体験談3つ

経済的格差を感じて憂鬱になった

『幼稚園の送り迎えで仲良くなったママ友の家にお呼ばれして、ホームパーティーなるものに行きました。すると、参加者の着ている服が大人も子どももブランドもので固められ、用意してもらった料理もなんだか小難しいものばかり。「あ、この家庭とは暮らす水準が違った……」と行ってから気付きました。軽い気持ちで誘いに乗ったことを今では反省しています』(3歳と4歳の女の子のママ/40代)

家族ぐるみでの付き合いをするのなら、同じ水準の暮らしをしているご家庭の方が安心ですし、気が重くなりません。外で話をしている時点で持ち物などをさりげなく見て、相手が自分と同程度の生活水準であることを確かめておいた方が良さそうです。

子どもがケガをしたとき、力になってくれた!

『家族でお付き合いをさせていただいている家庭が2軒隣にあります。上の子が小学校でケガをしたと連絡があり、急きょ学校へ迎えに行くことに。ちょうど下の子の幼稚園バスが帰ってくる時間帯で困っていたら、「下の子はうちで預かっておくから、小学校に行って病院に連れていってあげて」と力になってくれました。親類がいるわけでもなく、仕事中の主人と連絡がつかなかったので本当に助かりました』(4歳の女の子と9歳の男の子のママ/40代)

きちんと家族でお付き合いをしていて、短時間ではあるもののお子さんを安心して預けられたというのは良いことですよね。預かってもらったお子さんも、知っている環境だったので安心できたことでしょう。何かあったときに支え合えるというのは、家族ぐるみでのお付き合いをきちんとしているからこそだと思います。

友人一家との週末BBQが夏の風物詩

『集合住宅住まいのわが家には、近所にマイホームを建てた親しいママ友がいます。そこの家庭とは家族ぐるみでお付き合いさせてもらっていて、ママ友宅の広いお庭でBBQをするのが夏の楽しみのひとつになっています。食材を持ち寄り話が盛り上がる……主人も楽しそうで、なによりです』(8歳の男の子のママ/40代)

集合住宅にお住まいの方は、BBQをできる場所がありませんよね。そんなとき親しいご家庭の好意に甘えられるのはとてもありがたいことです。食材を持ち込んで調理を手伝ったりと、場所を使わせてもらう感謝の気持ちを持つのはもちろん、終わった後のお礼も忘れないようにしましょう。

信頼できる相手かどうか見極めることが大切です

お付き合いをする相手が、一体どういった家庭なのかを知っておくことが重要になってきます。信頼のできる人か、経済的に同じくらいで話が合うか……価値観が似ているかどうか……ストレスのないお付き合いができそうな相手であれば、ぜひ仲良くして良い関係を築いていきたいものです。

●ライター/どっふぃー(船舶料理士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする