ニキビケアに最適!? 美容に効く“酒かす”の栄養素&活用レシピ3選

【女性からのご相談】
先日、お世話になっている上司から酒かすをいただきました。体に良いからぜひ使ってみてといわれたのですが、酒かすにはどんな効果があるのでしょうか。また、料理に使う場合どう活用したら良いのかも教えてください。

a 一般的に、酒かすには美肌や便通・血圧の改善効果があると言われています。

ご相談ありがとうございます。健康・美容ライターのMAKIです。

日本酒は『百薬の長』と言われ、使い方によっては薬用効果も期待できるものですが、日本酒の副産物である酒かすにも健康・美容効果があると言われています。

そこで今回は、酒かすに含まれる栄養素と期待できる健康・美容効果、そして酒かすを使ったお手軽レシピをご紹介しましょう。

151117maki

酒かすとは?

酒かすとは、わかりやすくいうと日本酒の製造過程でできる絞りカスのことです。日本酒を作る過程で白濁した液体(もろみ)を絞り、ろ過して日本酒ができるのですが、このときの残存物が酒かすです。残りカスというと聞こえは悪いですが、酒かすには食物繊維、ビタミン、ミネラル、タンパク質が豊富に含まれているため、食用として使えるだけでなく、せっけんや基礎化粧品の原材料としても広く使われています。

酒かすの健康・美容効果とは

酒かすにはさまざまな健康・美容効果があることも研究により明らかになってきています。

シミ予防、皮膚の強化、肌質改善

佐賀大学農学部の研究によると、酒かすにはスフィンゴ脂質(グリコシルセラミド)という肌の潤いを保つ役割のある成分が含まれているため、乾燥を防ぎ、肌のターンオーバーを促進してくれます。そのため、肌質改善やシミの予防に期待ができます。

また、ビタミンB群も豊富に含んでいるため、ニキビケアにもおすすめです。

便通改善、ダイエット

酒かすには食物繊維も豊富に含まれていますので、お腹周りが気になる方にもおすすめです。

血圧効果作用、肝障害予防など

大手酒造メーカーが運営する月桂冠総合研究所によると、酒かすに含まれるペプチド(タンパク質の一種)に血圧上昇を抑制する作用があることや、肝機能を保護し肝障害を予防する機能性があることを確認しました。他にも、まだ研究段階ではありますが、抗肥満、健忘症抑制、脱毛抑制の作用の可能性にも期待されています。

簡単! 酒かす活用レシピ3選

酒かすは、そのまま食べたり、直火で焼いて砂糖をまぶしてからお菓子のように食べることもできますが、アルコールが苦手な方は次のような簡単なレシピで酒かすを効率よく摂取してみましょう。

(1)酒かすヨーグルト(4人分)

【材料】
酒かす150g、りんごジュース200ml、豆乳400ml、砂糖大さじ3、バナナ1本、レモン汁少々、

【作り方】
ミキサーに全ての材料を入れて混ぜたらできあがり。お好みでフルーツを適量盛り付けるのもおすすめです。

(2)酒かすトースト

【材料】
バケット(またはトースト)、酒かす大さじ1、オリーブ油大さじ1、塩・コショウ適量

【作り方】
小鍋にオリーブオイルと酒かすを入れ、弱火で1〜2分混ぜる。バケットまたはトーストの上に塗り、トースターで少し焦げ目がつくまで焼けばできあがりです。

(3)甘酒

【材料】
酒かす200〜250g、砂糖30〜50g、水1L、塩少々

【作り方】
鍋に水と酒かす、砂糖を入れ、溶かしながら加熱し、塩で味を整えます。あとは弱火で長時間煮込めばできあがりです。


いかがでしたか。今回は酒かすの効果と酒かすを使った簡単レシピをご紹介しました。

アルコールに弱い方は加熱してアルコールをしっかり飛ばすことで多少臭いが気にならなくなります。また、もしも市販の甘酒を購入される場合は、米麹から作られているものと酒かすから作られているものがあるので、よく表示をみて購入するようにしましょう。

【参考リンク】
麹(こうじ)、焼酎粕、酒粕に含まれるスフィンゴ脂質(グルコシルセラミド)の発見・構造決定とその機能性の解析 | 佐賀大学農学部北垣研究室

●ライター/MAKI(健康・美容ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする