シミ・そばかすに似てる? 色で区別する「子どものアザ」の種類と治療法

【ママからのご相談】
小学生2年生の娘の母親です。生まれつき、子どもにはお尻のところに3cmくらいの茶色いアザがあります。医師には本人が気にするようになるまで置いておいても大丈夫と言われてそのままだったのですが、最近子どもに気になるから取りたいと言われるようになりました。美容外科を受診するつもりですが、どんな治療法があるのか教えてください。

a アザの種類や大きさ、状況によって治療法が変わります。まずはカウンセリングを受けましょう。

ご相談ありがとうございます。健康・美容ライターのMAKIです。

年頃のお子さんですと、体のアザの場所によっては友達から頻繁にアザの理由を尋ねられたり、からかわれたりといったこともありますから、お母様も悩ましいですね。ところで、アザを治療する場合、形成外科や美容外科が専門となりますが、女性の場合は、美容外科を利用される方も多いです。

そこで今回は、美容外科で治療できるアザの種類とそれぞれの治療法についてご紹介したいと思います。

151120maki

アザの種類

アザ治療に詳しい美容外科クリニックの医師によると、アザは大きく2つの種類に分けられ、生まれつき存在するアザ(母斑)と、成長するにつれ現れてくる後天性のアザ(紫班)があるとのことですが、わかりやすく色調でも4つに分類されています。

黒アザ

医学的には色素性母斑といわれるアザです。紫外線と深い関係があり、皮膚内部のメラニン色素が増殖することで発生します。俗に小さいものはホクロと呼び、大きいものを黒アザと呼んでいます。大きいものは悪性化する場合もあるので、医療機関を受診する必要があります。

茶アザ

周りの皮膚より茶色く見えるアザです。扁平母斑、ベッカー母斑、カフェオレ班があり、扁平母斑とカフェオレ班は生まれつきの色素斑ですが、ベッカー母斑は思春期ごろにみられる大きなアザです。シミやそばかすと間違いやすいですが、区別されています。表皮に存在するメラニン色素が多いために発生します。

青アザ

太田母斑やもうこ斑が青アザにあたります。太田母斑は思春期ごろの女性の目の周囲に現れるアザで、もうこ斑は赤ちゃんのお尻にできるアザです。お尻以外の場所に生まれつき青アザがある場合は、異所性もうこ斑とよびます。

赤アザ

赤アザは、生まれつきできるアザで、血管腫とも呼びます、皮膚の血管に異常が生じることで現れます。人間の成長に伴い、皮膚が盛り上がってくるのが特徴です。

アザの治療法

ここではアザの種類別治療法をご紹介していきましょう。

黒アザの治療法

治療は主に黒アザを切除し欠損部分にお尻や太ももの皮膚を植える植皮術か、レーザーを使う場合が多いです。レーザーの場合はQスイッチレーザーという色を持っている細胞だけを選択的に破壊するレーザー機器を使用して治療していきます。

茶アザの治療法

黒アザ同様、Qスイッチレーザーを使用して治療をおこなうことが多いです。

青アザの治療法

黒アザ同様、Qスイッチレーザーを使用して治療をおこなうことが多いです。

赤アザの治療法

血管腫といってもイチゴ状血管腫の場合は自然に消失しますが、それ以外の血管腫の場合は、自然に消失しないため、改善したい場合はレーザー治療をおこなうことになります。

赤アザに用いられるのは赤みの原因になっている血液(ヘモグロビン)にだけ反応して破壊するように設計されているレーザーを使用します。

アザ治療の注意点

美容外科では、アザ治療は主にレーザーを使った治療となることが多いため、いくつか注意点もあります。

・レーザーを照射するときの痛み(麻酔を使用して痛みを軽減することも可能)
・レーザー光線が目に入る危険性(特に小児は要注意)
・未熟な医師の場合レーザー照射時にやけどなどの事故がおこるリスクもある
・施術後、一時的に腫れや内出血が出たり、アザが濃くなる場合もある
・完全にアザが消えるとは限らない

このように、アザ治療はメリットばかりではなく、デメリットもあるので治療前によくカウンセリングを受けうようにしましょう。


いかがでしたか。今回はアザの種類と治療法についてご紹介しました。アザはシミやそばかすと間違えられやすいため、治療を検討するならアザの鑑別が的確にできる医師を選ぶようにしましょう。

【参考リンク】
アザ治療 | 四谷見附クリニック

●ライター/MAKI(健康・美容ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする