中学生ママ必見! 定期テストで「英語を平均点まで上げる」コツ3つ

【ママからのご相談】
中学2年生の息子がいます。英語の点数が悪く、テストの点も低いです。単語すら覚えていない状態で、苦手意識もあります。最近は英語を勉強する意味が分からないと言い始めてしまいました。やりなさいと言っても、「英語が覚えられない」の一点張りです。どうしたら英語の点数を取ることができるのでしょうか。

a 毎日寝る前に単語と基本文のテストをしましょう。

こんにちは。現役塾講師の福嶺美優です。ご相談いただきありがとうございます。

英語は普段使う言語ではないため、苦手意識持ってしまうことも多いもの。まずは新しく習った単語や、文法の基本文を暗記することが大切です。しかし、単語や文法を自分では覚えたと思っても、テストで点数に結び付かないとやる気も損なわれてしまいます。暗記した記憶を定着させるために、毎日夜寝る前に繰り返しテストをすることが最もおすすめです。

そこで今回は、英語の定期テストで、点数を平均点まで上げるコツをご紹介します。

151116fukuminemiyu

定期テストで英語の成績を平均点まで上げるコツ3つ

(1)単語と熟語を毎日テストする

文部科学省の中学校学習指導要領の中で、中学では1,200程度の語及び連語、熟語を指導することとあります。単語はすべての基本。まずは単語を覚えることで、文章を読んだり問題を解いたりすることにつながります。

そして、寝る前に暗記をすることが記憶の定着率を上げると考えられています。毎日寝る前に単語や熟語を繰り返しテストすることで、それらの定着を向上させることができます。

(2)学校のワークやプリントを何度もおさらいをする

学校から配布される教科書準拠の問題集は、そこから出題されたら必ず解けるようにしておきましょう。また、学校の先生が授業で使用したプリントも、しっかり授業を聞いていたのかを問われますし、要点がまとめられている場合が多いため要チェックです。基本の問題は教科書の内容から出題されるため、これらを押さえることが確実な得点になります。

(3)基本文を覚えておく

文法事項を含む基本文は、数学でいう公式のようなもの。各文法の基本文を覚えておけば、空欄問題や並べ替え問題に対応できます。そのため、教科書の基本文は必ず覚えておきましょう。また、それらが本文中のどこで使用されているのかをチェックしておきましょう。テストで狙われることも多いため、それらの文法が含まれる部分を空欄にしたりして、対応できるようにしておきましょう。


中学英語は社会人になってからもとても大切になります。単語や基本文を覚えておくだけでも、会話をする上で大きく役立つもの。

ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

【参考リンク】
・現行学習指導要領・生きる力 第2章 各教科 第9節 外国語 | 文部科学省(http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/chu/gai.htm

●ライター/福嶺美優(現役塾講師)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする