食う寝る遊ぶ! 専業主婦のストレス原因とおすすめの解消法ランキング

「専業主婦って何してるの?」「ずっと家にいられていいな〜」などは、専業主婦なら一度は言われたであろうイラっとする言葉ですが、“専業主婦=暇”というイメージは世間に根強く残っていますね。

実際のところはとんでもない苦労があるわけですが、そのイメージのせいで悩みを理解してもらえないことも少なくありません。

悩みやストレスを我慢しすぎると、育児ノイローゼに陥ったり産後うつを招いたりすることもあるので、上手に発散することが大切です。

そこで今回は、パピマミ読者の専業主婦に「一番のストレス解消法は?」というアンケートをとってみました!

「最近あまりストレス発散してない……」というママは参考にしてみてはいかがですか?

151119papig

専業主婦が答えるストレス解消法ランキング

・1位:おいしい物を食べる……18%(37人)
・2位:とにかく寝る……16%(33人)
・3位:買い物……16%(32人)
・4位:ママ友との会話……13%(27人)
・同率5位:部屋の掃除・片付け……6%(12人)
・同率5位:ドラマ・映画鑑賞……6%(12人)
・7位:その他……5%(11人)
・8位:エステ・美容院に行く……4%(9人)
・9位:お酒……4%(8人)
・10位:インターネット閲覧・書き込み……3%(6人)

※11位以下は省略
※有効回答者数:204人/集計期間:2015年11月5日〜2015年11月9日(パピマミ調べ)

第1位:おいしい物を食べる

第1位は『おいしい物を食べる』で、18%(37人)となりました。なるほど、“ヤケ食い”というやつですね。

私の近所のスーパーには体格のよろしい主婦が多いのですが、これが原因なのでしょうか……? コメントを見てみましょう!

『何かイヤなことがあるとすぐポテチに手を出してしまう。妊娠中にハマってからやめられない』(30代ママ)

『月に一回だけ高級レストランでランチしてストレス発散しています。このために育児も家事も頑張れている気がします(笑)』(40代ママ)

食事でストレス発散させているママには、“日常的に食べている人”と“一定間隔で食べている人”の2タイプがいるようです。

ストレスを発散させるタイミングは人それぞれだと思いますが、前者だと太ってしまいそうですね。私がスーパーで見かける方々は前者なのかもしれません……。

また、後者は月に1回など回数は少ないものの、その分高い食事をしている傾向にありました。こちらは我慢強い性格じゃないと難しそうですね。

育児や家事をしながら節約も……タイプが合わないとむしろストレスをためる恐れがあります。

第2位:とにかく寝る

続いてランクインしたのは『とにかく寝る』で16%(33人)となりました。「やっぱり暇じゃん」と思ったあなた! それは違います。

専業主婦のツラいところは、とにかく自分の時間がないこと。

朝から子どもや夫のお弁当作り、昼には各種家事と晩ご飯の支度。夕方には子どもを迎えてお風呂に入れたりご飯を食べさせたり……そして夫が帰ってきて……。

このように、主婦業はとても多忙で自分の時間を取ることができません。慢性的な睡眠不足もつきまといます。

寝不足は記憶力や集中力の低下を引き起こすので、日頃のルーティーンを潤滑に回すためには十分な睡眠時間が必要なのです。

『子どもを幼稚園に預けると、ものすごい勢いで家事をすませて睡眠時間を確保します。ふかふかの布団に寝転がっているときが一番の幸せです』(20代ママ)

第3位:買い物

2位と僅差で3位にランクインしたのは『買い物』で16%(32人)となりました。

『家事の合間にオークションサイトをのぞいています。必要ないと分かっていても落としてしまうので、最近怖くなってきました』(20代ママ)

『休日に娘と買い物に出かけるのが私のストレス解消法です。「子どものため」と思いながらも、自分の服も一緒に買っちゃいます』(40代ママ)

やっぱり女性は買い物が好きですね! 女性が買い物に要する時間は男性に比べてとても長いものですが、その分幸福感を味わっている時間も長いのかもしれません。

いただいたコメントからは、通販やオークションなどのネットショッピングを楽しんでいるママが多い印象を受けました。

たしかに専業主婦は外に出られる時間が限られるので、家にいながら利用できる通販やオークションなどは便利ですよね。

「ついつい買っちゃう」というママも多く見られたので、家計を圧迫しない程度に楽しむようにしましょう。

主婦がストレスを感じる原因5つ

160728syuhu1

(1)夫の家事不参加

共働き夫婦であればもちろん、専業主夫で家事や育児がメインの仕事である場合でも、主婦は夫が家事を手伝わないことにストレスを感じてしまいます。

夫は、仕事とはいえ飲み会に行ったり出張で遠出したりと、主婦の立場ではできないようなことをすることもあり、これが“自由”というふうに受け取られてしまうのです。

妻から見れば、週に5日働いているのも自由な時間と感じてしまうため、夫が休日に家事を怠ればストレスに。

主婦は家事や育児で、夫は仕事で同じように疲弊していたとしても、「休みの日ぐらい家事を手伝ってよ」と言われてしまうのはこのためです。

(2)“やって当然”というプレッシャー

主婦が行う毎日の家事を、当然かのような姿勢で受け取られると不満の原因に。

掃除や洗濯、料理など、主婦であれば完璧にこなして当然という考えを持つ男性も少なくありません。

言葉にしなくても、そのプレッシャーが続けば次第にストレスがたまっていくことになります。

(3)仕事の不満

兼業主婦の多くは、家庭内だけでなく仕事でもストレスを受けることになります。

仕事内容に対する不満から、給与や待遇、さらには人間関係に至るまでさまざまなことが原因で不満を感じるでしょう。

そこで受けたストレスは、当然家事にも影響することになります

(4)女性としての生きがいの消失

同年代の独身女性と比べ、所帯染みた自分の姿や自由を奪われた生活に嫌気がさすことも。

特に子どもが生まれれば、時間や金銭的な問題からオシャレなどに気を使うこともままならなくなっていきます

夫との関係も落ち着きが出てくれば、女性として見られることも減っていき、それが女性としての生きがいを失っていくことになりストレスとなるようです。

(5)報酬がない

主婦業がどれほど大変でストレスがたまりやすい仕事だったとしても、それに見合った報酬があれば少しは気持ちも楽になるのかもしれません。

しかし、家庭での主婦業で金銭が受け取れることはなく、家族から褒められるということもあまり望めないもの。

やってもやってもゴールがあるわけでなく、報酬もないとなれば、ストレスとなってしまうことは避けられないでしょう。

主婦におすすめのストレス解消法5つ

160728syuhu2

(1)プチ贅沢をする

ひとりで家にいることの多い主婦は、ストレス解消の手段も限られがち。もし外に出る機会があれば、普段とは違った贅沢をしてみるのはいかがでしょうか。

いつも飲んでいる100円のコーヒーを300円のものにしてみたり、美容室でカットに加えてマッサージをプラスしてみたり。

これが大げさな贅沢になってしまうと、罪悪感となって余計にストレスをためかねないので、“プチ”がおすすめです。

(2)半身浴をする

よく聞かれる方法かもしれませんが、ストレス解消に効くのには理由があります。

半身浴をすることによって全身の血行がよくなり、これにより爽快感が生まれるのです。

また、低めの温度で長時間入浴するほうが、高温で短時間の入浴に比べ大幅にストレスを軽減させるという研究結果もあります。

お気に入りのアロマなどを使ってもいいかもしれませんね。

(3)不満を文字にする

あまり人と会うことが多くない主婦は、グチなどを聞いてもらうことも難しいですよね。

とはいえ、不満を自分の中にいつまでため込んでしまうのは好ましくありません。

そんなときは、紙とペンを用意して、たまった不満を全て書きなぐりましょう!

文字にすることで、自分の頑張りも客観的に見ることができるため、「私だって頑張ってる!」と言い聞かせることができ、ストレスの解消につながります。

(4)部屋の大掃除をする

ストレスのない生活を送っていたとしても、部屋が少し散らかっているだけでモヤモヤした気持ちになることはありませんか?

そんなときには、徹底的に部屋の掃除をするのがおすすめ! 普段は気にしないような隅々まで磨きあげることで気持ちもスッキリするはず。

掃除中は集中しているため、余計なことを考えなくていいというのもポイントです。

(5)家事を一切しない日を作る

“主婦”という立場を持ち続ける限り、ストレスから完全に逃れることはできません。

できれば週に1度、少なくとも月に1度のペースで、主婦業を完全にお休みする日を作ってみてはいかがでしょうか。

これは夫の協力なども必要になりますが、家のことを一切気にせずに外で羽を伸ばすことが一番のストレス発散と言えます。

また、これによって夫の愛情も感じられるため、より一層ストレスの解消につながるでしょう。

主婦がストレスをためない方法2つ

160728syuhu3

(1)無理な人間関係を築かない

子どもが大きくなり、幼稚園や保育園に通わせるようになると同時に、ママ友との交流も始まります。

子どものためを思うと苦手な人とも良好な関係を築きたいと思うかもしれませんが、それでストレスを感じて嫌な思いを家庭に持ち込めば、それこそ子どもにとって悪影響です。

まずは自分の気持ちを大切に、無理に人間関係を築こうとしないようにしましょう。

(2)家族とコミュニケーションを取る

ストレスの原因となるのは、多くが「分かってもらえない」という気持ちから。

家事の大変さを理解してもらうためにも、そして仕事の分担などを聞き入れてもらうためにも、まずはコミュニケーションをとることが必要不可欠です。

「大変だよね」のひと言だけで苦労が報われるような気持ちになることもありますし、大変さを分かってもらえれば、夫の方から手伝ってくれるようになるかもしれません。

ストレスは、発散することよりもいかにためないようにするかが重要なのです。

まとめ

「主婦のストレス解消法ランキング」や「ストレスを感じる原因」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

主婦としてのストレスが強くなってきた背景には、女性の生き方が多様化し、主婦としての生活以外の人生を送る人が増えてきたからなのかもしれません。

自由に生きる同世代の女性たちを見て、自分が選ばなかった生き方をする人に嫉妬に近い感情を抱くこともあるはずです。

まずは一番身近にいる家族が、主婦のストレスを軽くするよう努めたいものですね。

【参考リンク】
【アンケート結果(1位〜16位)】専業ママに質問! 一番のストレス解消法は? | パピマミ

●文章/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする