必要な持ち物は? 赤ちゃんとママが受ける「1か月健診」の基礎知識

【ママからのご相談】
先月第1子を出産したばかりの新米ママです。慣れない育児に毎日バタバタと過ごしていたら、あっという間に1か月健診が迫ってきました。そこで、基本的な質問です。1か月健診って何をするのですか? お金はかかるのですか? 持ち物は? そもそも、赤ちゃんと2人きりで行って大丈夫なのですか?

a 新生児の成長具合・疾患の有無、産後の状態を確認。費用は要確認!

ご相談をどうもありがとうございます。ママライターの山上れいこです。

赤ちゃんとの新生活が始まって1か月。大変だけれども、毎日が新しい発見と喜びにあふれているのではないでしょうか。さて、産後1か月といえば、赤ちゃんとママの1か月健診が控えていますね。

この日が赤ちゃんとの初めてのお出かけになる、というママも多いのではないでしょうか。今回は、この1か月健診について見ていきましょう。

151113yamagamireiko

赤ちゃんの1か月健診では何をするの?

赤ちゃんの1か月健診では、主に以下をチェックします。

・身長、体重、頭囲、胸囲の測定
・聴診器で心音、呼吸音の確認
・肝臓、ひ臓、大泉門(おでこの上の柔らかい部分)の触診
・股関節脱臼の有無を確認
・原始反射(モロー反射など)の確認
・おへその状態確認

病院により違いはありますが、上記は確認必須項目と言われているようです。そのほかに、

・先天性代謝異常検査の結果報告(入院中に採血され検査に回されています)
・ビタミンK2シロップを飲ませる(突発性乳児ビタミンK欠乏性出血症の予防)
・赤ちゃんの生活の様子に関する質問(母乳orミルク、1日の授乳回数、排せつ回数など)

などが行われます。赤ちゃんとの生活で気になる点があれば、忘れずに質問してみましょう。

ママの健診では何をするの?

ママの産後1か月健診では、主に以下が実施されます。

・体重、血圧測定
・尿検査
・血液検査(実施しない病院もあります。)
・内診により子宮の回復具合を確認
・悪露の量の確認

ママご自身の体調に不安点がある際は、必ず相談しましょう。1か月健診で、赤ちゃんとママの入浴許可がおりるのを境に、徐々に“元の生活”に戻ることができますよ。

持ち物は?

・母子手帳
・赤ちゃんとママの保険証と診察券(赤ちゃんの保険証が間に合わない場合は、受付に申し出てください)
・乳幼児健康診査無料受診券(自治体により異なり、有料の場合もあります。分かりにくい際には確認を!)
・現金(ママの検査費用は病院によってバラつきがあります。事前に電話確認しても良いでしょう)
・赤ちゃんの着替え、オムツ、おしり拭き、授乳グッズ……など

赤ちゃんとのお出かけは、とにかく大荷物になりがちです。当日バタバタしないように前もって準備しておいてくださいね。


赤ちゃんとママの1か月健診は、同日に行われることが多いです。もちろん、赤ちゃんと2人きりで来られるママもたくさんいます。ママが健診中は、病院スタッフが赤ちゃんを見てくれることが多いですよ。赤ちゃんとママにとって、大切な1か月健診。質問項目を整理して、忘れ物のないように気をつけてお出かけくださいね。

【参考文献】
・『パパ&ママのハッピー育児アドバイス』宮本まき子・著

●ライター/山上れいこ(ママライター)

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする