乾燥から発症する!? 乳幼児ママ向け「アトピー性皮膚炎」の知識

【ママからのご相談】
1歳の息子がいます。最近肌がカサカサしています。保湿剤は塗っているのですが……ここからアトピーになってしまうこともあるのでしょうか?

a まずはしっかりと保湿をして、治らない場合は病院へ!

こんにちは。ご相談ありがとうございます。ママライターの横山かおりです。

乾燥の季節がやってきましたね。ママたちも大変ですが、敏感な肌を持つ子どもたちにも大変な季節です。今回は乾燥も原因となり得るアトピー性皮膚炎について、いつもお世話になっている小児科の先生にお話を聞いてきましたのでご紹介いたします。

151113momo

そもそもアトピー性皮膚炎って?

たまに耳にする“アトピー”という言葉。そもそもアトピーとは一体どんなものなのでしょうか。小児科の先生いわく、『アトピー性皮膚炎原因は乾燥とアレルギーが関係している』とのこと。

アレルギーの中には食物アレルギーも含まれており、年齢が小さいほど症状が起きやすいそうです。また乾燥が原因で皮膚のバリア機能が低下することでも起きるとのこと。顔や手足など、かゆみと湿疹を伴う乾燥があった場合には病院に行ってみるのが一番でしょう。

アトピー性皮膚炎になってしまったら?

アトピー性皮膚炎になってしまった場合、病院で処方されるのは塗るタイプのステロイド剤だそうです。ステロイド剤=恐い、強い薬というイメージを持つ親御さんも多いと思いますが、信頼できる先生のもとで適切な強さの薬を適切な期間使用することで症状を抑えることができるのだそうです。

また血液検査などでアレルゲンを判別し、それを除去することで症状を抑えるようにもするそうです。

アトピー性皮膚炎を予防しよう

アトピー性皮膚炎の原因が乾燥による皮膚のバリア機能の低下の場合、保湿をしっかりとしたスキンケアを行うことが大切です。先生によると、市販薬でも十分ですが、主治医と話し合ってその子に合った保湿薬を病院で処方してもらうのも効果的なようです。また保湿剤を塗るときは肌を傷つけないように、ガーゼではなくて手で塗ってあげるようにしましょう。


これからの季節乾燥がかなり気になりますが、とにかく保湿をしてあげましょう。そして一人で悩まず、気になることは皮膚科や小児科の先生に相談するようにしましょう。

赤ちゃんの肌トラブル、保湿ケアに!

¥2,592
新生児に出生直後から毎日保湿剤を塗ると、約8カ月後のアトピー性皮膚炎の発症率が3割低下したとの研究成果を国立成育医療研究センターが発表。保湿力・持続力・保護力に優れた『ファムズベビー』は赤ちゃんの肌トラブルを未然に防ぎ、洗い落ちしない“ビフォアケア”という新しいコンセプト製品。

●ライター/横山かおり(ママライター、元モデル)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする