産後の回復サイン!? プレママが知るべき「悪露」のポイント3つ

【ママからのご相談】
もうすぐ臨月を迎えるプレママです。先輩ママから、出産後は生理に近い“おりもの”のようなものがあると聞きました。それは一体どういうもので、どれくらい続くのでしょうか。

a 出産後の出血は“悪露”と呼ばれ、産後回復の目安となります。

ご相談ありがとうございます。ウェブライターのうぇぶりんです。

出産後に約1か月続く出血を悪露と呼びます。初めは赤い粘り気があってまさに生理のようですが、次第に薄くなっていき、量も少なくなります。

悪露は、出産で胎盤が剥がれた後に、子宮壁からの出血や卵膜の一部などが産後の子宮の収縮にともなって排出されるもので、決して心配するようなものではありません。産後の子宮が元に戻るために必要なことでもあります。とはいえ、初めての出産を経験した後では不安もいっぱいだと思いますので、悪露について知っておいた方がいいポイントを3つにまとめてみました。

151112weburin

プレママが知っておくべき“悪露”のポイント3つ

(1)悪露の色で産後の子宮回復の段階が分かる

先ほども述べたように、悪露は子宮壁からの出血を含んでいます。そのため、出産直後は月経のような赤い色をしています。徐々に色を変え、2週間程経ったころには赤色から褐色へと変化しています。

その後、徐々に色が抜けていき、黄色くなって最終的になくなります。しかし、ときどき1か月過ぎても、だらだらと悪露が出続ける場合があります。大部分は心配ありませんが、流れるような出血や塊があるときは何か異常がある場合も考えられますので、速やかに医師に相談することをお勧めします。

(2)授乳と悪露の関係

悪露は胎盤が剥がれた後、子宮が収縮することによって外に排出されます。子宮の収縮は授乳によっても起こりますので、赤ちゃんにおっぱいを吸わせると悪露の排出が始まるのです。

一方、授乳を止めたりミルクで育てる場合、一般的に母乳育児に比べて生理が再開するのが早くなると言われています。

(3)悪露と夜の営み

悪露があるうちは、外陰部、内陰部を清潔に保つ必要があります。産科の専門医の見解では、産後に夜の営みを始めるのは出産によってできた傷が回復した後がいいとされています。ちょうどその時期は、悪露の排出が終わるころでもあります。

トラブルを防ぐためにも、夜の営みはそのころまで待つ方がいいでしょう。悪露が黄色から白色へと変わったころが目安となります。

このように、悪露は産後の生活を徐々に妊娠前の生活に戻すためのバロメーターにもなります。 自分の体と相談しながら、無理せずゆっくり普段通りの生活に戻していきましょう。

【参考リンク】
・産後の出来事 | 山本産婦人科(http://www.yc-tsu.jp/dekigoto/sango/index.html

●ライター/うぇぶりん(児童英語講師)

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする