引越し業者さんへの“心づけ”の必要性と渡し方

【ママからのご相談】
初めて家族で引越しをします。近所のお引越し経験のあるママ友から、「引越し業者さんへ『心づけ』を、渡した方がいいよ」と言われました。本当に渡した方が良いのでしょうか? 渡すとしたら、どのように渡せばよいのでしょうか? 

a『心づけ』や品物の差し入れを行う人は約半分。渡す場合の、『心づけ』は作業前か作業後に一括で、品物の差し入れは作業前にしておくとスムーズです。

ご相談ありがとうございます。

私も初めてのお引越しの時には引越し業者さんへの心づけを用意しておらず、引越しを手伝ってくれた母が急遽用意して渡してくれました。以来、引越しの際には心づけと品物の差し入れを両方渡す派になりました。

一方、「引越し代金の中に諸々含まれているのだから、あえて別途心づけを渡す必要は無い」という意見も時々耳にします。

131017ehara

みんなはどうしてる? 引越業者さんへの『心づけ』

それでは、みなさんはどのようになさっているのでしょうか? 「引越業者に渡すチップ(心づけ)」についてのアンケートを参考に見てみましょう。

株式会社ウェブクルーが、3年以内に引越しを経験された方に行ったアンケート調査です。それによると、

1位「何も渡していない……48%」
2位「品物(差し入れ)で渡した……24.2%」
3位「お金で渡した……23.8%」
4位「品物(差し入れ)とお金両方で渡した……4%」との結果が出たそうです。

この結果から、心づけや品物(差し入れ)を渡す派、渡さない派は、ほぼ半分づつに分かれている状況がわかります。

渡す? 渡さない?

品物やお金を渡すか渡さないかは、お引越しの内容でも変わるように感じます。例えば、単身者のお引越しでは作業時間も短く、荷物の量も少ないでしょうから、何も渡さないという方が多いかもしれません。

また、子連れ家族でのお引越しということになると、半日~1日の作業になり、荷物の量も多いので、労いの気持ちを品物(差し入れ)やお金といった形であらわすのも良いと思います。

心づけや差し入れをするメリットは?

『心づけ』を渡したり、休憩時間に飲物などを差し入れしたりすると、作業員さんとのコミュニケーションが取りやすくなるということを感じます。

引越し作業では細かいお願い事も出てきますから、良好なコミュニケーションが取れるに越したことはありません。

ただし、何も渡さなかったとしても、作業員さんはプロとしてしっかり働いてくれますので、ご安心を。

スマートに渡すには?

『心づけ』を渡すタイミングですが、私自身は、「よろしくお願いします」という気持ちをこめて、引越業者さんが到着したタイミングですぐに渡すようにしています。

金額は、「一人あたり500円位」。事前に引越当日は何人の作業員さんが来るのかを確認し一つのポチ袋に入れて用意しておくとスムーズです。全員分を渡しますので、他の作業員の方々の前で渡した方が良いですね。

また、作業の様子を見て、「感謝の気持ち」として、「心づけ」を渡したいという方もいらっしゃいます。作業後に渡すと、作業員の方々は、「仕事ぶりを評価してもらえた」と感じるようです。

品物(差し入れ)を渡す場合は、作業前に飲物や個包装のお菓子などを、「休憩の時にみなさんでどうぞ」と渡しておくとタイミングを逃した! ということも無く、おすすめです。

『心づけ』や品物(差し入れ)を渡す、渡さないには明確なルールは無いですが、ご家族の荷物の量や先ほど紹介したアンケート結果なども参考に対応してみてくださいね。スムーズにお引越しが進みますように!

【参考リンク】
引越マナーの基本(チップと挨拶) – ズバット

●ライター/パピルス(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする