ストレスも原因に!? アプローチ別「親子の冷え性対策」3つ

【ママからのご相談】
最近、小5の娘が手足の冷えを訴えるようになりました。寒くなってきたからだと思うのですが、子どもにも冷え性があると聞きます。私も冷え性なので、親子で冷え性を防ぐ方法を教えてください。

a 冷え性対策には衣食だけでなく、メンタルのケアも大切です。

こんにちは。メンタルケア関係を中心に執筆しているメンタルケア心理士の桜井涼です。ご相談ありがとうございます。

冷え性って本当に困りものですよね。かくいう私も冷え性の一人です。相談者様は娘さんもそうではないかと考えておられるようなので、さまざまな面から冷え性を改善できる方法を紹介していきたいと思います。

151111sakurairyonew

冷え性の原因はメンタル面にもある!?

冷え性は大人だけのものかと思われがちですが、現代では子どもも冷え性になると言われています。その大きな原因となるのが、運動不足や睡眠不足、食生活の乱れなどが引き起こす“自律神経の乱れ”です。

体型が気になってダイエットしたり、朝食を食べないことなどが続くと、血液の流れが悪くなってしまいます。血液の流れが滞ると冷えの原因になるので気をつけなければなりません。また、ストレスがかかると血管が収縮して、より一層冷えを感じるようになる場合もあるので、メンタル面にも留意することが必要です。

冷えが引き起こす“未病”

体調が優れなくて病院へ駆け込んでも検査結果に異常がない。でもたしかに体調は悪いってことありますよね。こういった、病気ではないけど体に不調がある状態を“未病”と言います。冷え性との関連では、以下のような症状が現れます。

・肌荒れ
・疲れやすい、だるい
・便秘、下痢
・肩こり
・むくみ
・風邪を引きやすい

これらはほんの一部にしか過ぎません。子どもの場合は頻繁に風邪を引いたり、体のだるさを訴えてくることもあります。

冷え性対策3つ

衣類編

体の部分で“首”と名の付く箇所を温めます。貼るタイプのカイロや保温性の高いインナーを利用してみてください。女性の場合は、腰回りを冷やすことで血流が滞ってしまいます。子宮に近い部分をしっかり温めましょう。

月経が始まる時期に近い年齢のお子さんの場合は特に気をつけましょう(月経痛がひどい子も中にはいます。今から教えて実践させた方がいいのではないでしょうか)。

おしゃれにも気にかかってくる年ごとでもありますので、かわいいくて温かさが得られるようなものを一緒に選んであげるのもいいでしょう。

食事編

冷え性対策には、色の濃い野菜や肉・魚類、しょうがを摂取した方がいいと言われ、実践している人もたくさんいると思います。とても大事なことなのでいいことなのですが、偏りすぎはよくありません。何でもまんべんなく取るようにすることが冷え性にはいいのです。

そして、冷たいものは冷たいまま、温かいものは温かい状態で食べるようにしてみましょう。朝食には、お味噌汁などの汁物で体の中から温めるようにするとより効果的です。

それから、冷え性の人に多いのが、水分不足です。それが冷え性と重なると、むくみを起こしてしまいます。ですから、常温の水を1日に1Lは飲むようにしてみてください。血液の流れをスムーズにするには水分が必要です。冷たい物だとおいしく感じられますが、体を冷やすのはよくありません。常温かぬるま湯の状態がおすすめです。

メンタル編

今は大人だけでなく子どもも相当ストレスがたまる生活をしています。だから、1日1回は親子でストレス解消をしましょう。笑えるドラマや映画を観ることでもいいですし、腹式呼吸を行うのもいいです。また、休日には一緒にショッピングやカラオケなどをして思い切り楽しむのもいいでしょう。

さらに、運動をすることでもストレスを発散することができますので、少しの時間縄跳びを一緒にするとか、買い物も歩いて行くなど体を動かすことを日常に取り入れてみてほしいと思います。少し体を動かすだけでも、血液の巡りがよくなります。


衣食もすごく大切ですが、メンタル面もケアしてあげることが冷え性対策の重要なポイントとなります。楽しいと感じることを一緒にして、心の状態を正常にしていきましょう。食べたものだけでなく、感じたことも体に大きく影響します。

相談者様もお子さんと一緒に心の方をケアして、まずは血流の流れをよくすることから始めてみませんか。楽しいことはすぐに始められると思いますよ(私もこれで冷え性を克服しつつあります)!

ご相談ありがとうございました。

【参考文献】
・『non・no生活基本大百科』ノンノモアブックス部・編

●ライター/桜井涼(メンタルケア心理士)
●モデル/椎葉咲子(苺乃ちゃん、胡桃ちゃん)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする