来年も履ける? 収納の前に“靴”をお手入れするポイント5つ

【ママからのご相談】
幼稚園と小学校に通う息子のママです。玄関の収納スペースが少ないので、夏にはいていた普段履きのサンダルや、海などで履いていたビーチサンダルなどをしまいたいと思っています。私と夫の分も含め、家族4人分のサンダルをしまうときに、何か気を付けておいた方がいいことはありますか?

a チェックとお手入れをしっかりしてから保管しましょう!

こんにちは。整理収納アドバイザーの澤田真美子です。

マイボイスコム株式会社が、2014年2月に実施した『収納』に関する調査で、収納場所がなくて困っているもののうち「靴」と回答した人が全体の20%という結果がでました。順位で見てみると第3位。このことから、靴の収納について悩んでいる人が多くいるということが分かります。

収納する場所も必要ですが、その前の靴のケアも大切です。そこで今回は、靴を収納する前のお手入れ方法についてご紹介していきたいと思います。

151110sawadamamiko

収納の前に靴をチェック

大人用のサンダルはかかとがすり減っていないか、来年も履けるかどうかをまずチェックしましょう。来年履けないな、というものは思い切って処分してしまいます。子どもは1年で足も大きくなるので、今年ピッタリのサイズであれば来年履けなくなってしまう可能性が高いです。くたびれ具合やサイズなどを考慮して、来年履けそうもなければ思い切って処分してしまいましょう。

靴・サンダルを収納する前のお手入れポイント5つ

(1)泥やホコリを落とす

ブラシなどで、泥やホコリを落としましょう。しっかり落としておくと、次のステップが楽になります。

(2)汚れを落とす

水洗いできるものはブラシでこすってよく洗います。汚れのひどいモノはせっけんや、専用の洗剤などを使いましょう。すすぎもしっかり行います。水洗いできないものは固く絞ったぬれタオルでふき取りましょう。

(3)しっかり乾かす

しっかり乾ききっていないと、カビの原因になります。1日しっかり陰干してしっかりと乾かしましょう。

(4)中敷きを取り換える

中敷きが取り換えられるものであれば、取り換えます。最近は100円ショップなどでもオシャレな中敷きを購入することができます。

(5)除菌スプレー、防水スプレーをかける

防水スプレーは、目立たないところで試して、変色しないか確認してから外側のみかけましょう。内側にかけてしまうと、次に履いたときに汗を吸ってくれなくなります。

収納する

履かなくなった靴下に新聞紙をつめると、シューキーパーができます。型崩れしやすい靴は、シューキーパーを入れておくと安心です。靴は不織布などに入れて保管しましょう。玄関にスペースがなければ、お部屋の中で保管します。ベッドの下やクローゼットなどに入れてもよいでしょう。


今年活躍したサンダルは、そのまましまうのではなく、お手入れしてからしまうようにしましょう。ちょっとした工夫とお手入れで、来年また気持ちよく履くことができますよ。

【参考リンク】
・収納のアンケート調査 | マイボイスコム株式会社(http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18706/

●ライター/澤田真美子(整理収納アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする