おやすみ前の10分間! 夫婦で始める「寝床エクササイズ」3例

【ママからのご相談】
夫婦で飲食業を営んでいて毎日が忙しく、自分たちの時間を持てずにいるうちにすっかり太ってしまいました。だからといって、ジムに通ったりウォーキングをしている時間はやっぱりとれません。でも、健康のためにも何かを始めたいと思っています。隙間時間を使い、できれば夫婦でできるようなエクササイズはないでしょうか?

a 寝る前の10分間を使った寝床エクササイズを習慣にして、“月1kgダウン”を目指しましょう!

こんにちは。海外在住プロママライターのさとうあきこです。

忙しい中でも健康のために何かをしようと思い立ったことは、ご夫婦で健康的な生活を送る大切なきっかけとなるはずです。そこで、現役主婦とフィットネスインストラクターの二束のわらじで多忙な生活を送る友人おすすめの、たった10分間でできる寝床エクササイズをご紹介したいと思います。

151104satoakiko

寝る前に10分のエクササイズをしよう!

睡眠時間はおそらく貴重なリラックスタイムかと思いますが、10分だけエクササイズに回してみましょう。慣れないうちは疲れた体にムチを打つように感じられるかもしれませんが、習慣化できれば、寝る前の軽いエクササイズは体の引き締め効果だけでなく、より深く快適な眠りへといざなってくれるようになります。

寝床エクササイズのやり方3つ

(1)2人で引っ張り合い×10回

向き合って座り、足を左右に開いてお互いの足の裏を合わせます。4本の脚でひし形を作る感じです。2人の手が届けば両手をつないで順番に引っ張り合います。このとき、腕だけが引っ張られているのではなく、上半身全体を倒す感覚を意識することで上半身全体の筋肉を刺激することができます。

また、2人の手が届かない場合には、「1、2、3」で同時に体を前に倒してハイタッチするのを最初の目標にしましょう。

(2)背中合わせで持ち上げる×10回

次は背中合わせに座って腕を組みます。そのまま1人が前へと体を倒してもう1人を背負います。これを順番に繰り返します。このとき、腕の力で引っ張るのではなく、背中に相手の背中を乗せる感覚を大切にしてください。

体重差がある場合は、完全に背負う必要はありません。無理のない範囲で背中に負荷をかけつつ前屈運動を行いましょう。背筋と腹筋を鍛えます。

(3)足裏合わせ自転車運動×10回転

向かい合って座った状態で、両足を上げて足裏を合わせます。体は両手をお尻の横について支えましょう。そのまま、片足ずつ足裏を合わせたまま押したり引いたりします。

2人で、「1、2、1、2」と声をかけながらテンポよく自転車をこぐように動かすことで足の筋肉を刺激できます。足の裏を離さないようにするためには微妙なバランスを取る必要があるため、足にかなり力が入るはずです。またスピードを上げるとヒップアップ効果も期待できます。

まとめ

いくらエクササイズが必要であっても、寝る前にたっぷりの汗をかくのはイヤですね。ご紹介したのはそれぞれ10回(10回転)ずつで約10分。汗をかく暇はありませんが、日頃運動をする習慣がないと、翌日軽い筋肉痛を起こすくらい筋肉を刺激できます。

また、2人でやることに意味のあるエクササイズなので、お互いの体重や体型が気になり始めた夫婦やカップルにおすすめ。仲良く細く長く続けていくことが、効果を上げる秘訣です。

●ライター/さとうあきこ(海外在住プロママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする