アサイーの次はコレ!? 注目のフルーツ“アロニア”に含まれる栄養素4つ

【女性からのご相談】
美容と健康のために、アサイーを毎朝ヨーグルトと一緒に食べるようにしていたのですが、通販が大好きな友人から、「アサイーの次は“アロニア”がブームになる」と聞き、気になっています。アロニアとはどんな食べ物で、どんな美容効果があるのでしょうか。

a アロニアはベリーの一種で果実です。最近の研究で脂肪燃焼効果が期待できることがわかってきました。

ご相談ありがとうございます。健康・美容ライターのMAKIです。

健康や美容に良い果実というと、いろいろありますが、ここ数年はアサイーがブームでした。しかし、今年はアサイーに変わる果実として、アロニアがブームになるのではないかと予想され、メディアでもよく取り上げられています。そこで、アロニアとはどんな果実なのか、そして、どんな効果が期待できるのかをご紹介いたします。

151104maki

アロニアってなに?

アロニアはバラ科の果実で、別名チョークベリー、ブラックチョークベリーと呼ばれています。果実は、ブルーベリーと同じような色、形をしており、大きさは5mm〜10mmほどです。アロニアは非常に耐寒性がある植物で、丈夫で育てやすいという特徴があることから、もともと北アメリカ、ヨーロッパ、ロシアなどで栽培されていましたが、40年ほど前に北海道や東北でも栽培されるようになりました。

アロニアに含まれる栄養素4つ

アロニアには、さまざまな栄養素が含まれていますが、特に美容・健康効果が期待できる栄養素の詳細は以下のとおりです。

(1)アントシアニン

財団法人盛岡地域地場産業振興センターの運営するサイト『盛岡手づくり村』によると、アロニアのアントシアニン含有量はブルーベリーの約3倍あるとのことです。

アントシアニンは強力な抗酸化作用を持つと言われるポリフェノール類の一種で、老化、ガン、生活習慣病の予防効果が期待できるといわれています。また、アントシアニンはポリフェノール類の中でも特に目の働きを高めたり、眼精疲労を予防する効果があるとされています。

また、最近の研究により、アロニアには自律神経の働きを高める作用があることもわかってきました。自律神経は、脂肪の分解や燃焼の指令を出し、脂肪を熱に変える働きがあります。そのため、アロニアを摂取することでダイエット効果も期待できます。

(2)β-クリプトキサンチン

β-クリプトキサンチンは、βカロテンと同じくカロテノイド類に属します。期待できる効果は、骨粗鬆症の予防、免疫力のアップ、美肌効果が期待できます。

(3)βカロテン

緑黄色野菜に多く含まれていることでよく知られるβカロテンですが、アロニアにも多く含まれていることがわかっています。βカロテンには、脂肪の代謝を促進する効果があることから、アントシアニンと同じくダイエット効果が期待できると言われています。

(4)食物繊維

アロニアは食物繊維が非常に豊富で、なんとバナナの6倍も含まれていることが明らかになっています。便秘があるとニキビなどの肌荒れを起こしやすいので食物繊維を摂取することで肌荒れの予防にもつながります。


このほかにもアロニアには、メラニンの生成を抑制するビタミンCや、肌や髪、爪の健康を維持するビタミンAなども含まれているので、便秘によるニキビなどの肌荒れ改善、シミの改善、老化防止などの美容効果が期待できます。

今回は、アサイーの次にブームが来そうなアロニアについてご紹介しました。まだあまり知られていない食材ではありますが、ジャムやサプリなどはすでに日本でも販売されています。ダイエットや美肌に興味のある方はチェックしてみても良いのではないでしょうか。

【参考リンク】
アロニアは、どうして健康によいの? | 盛岡商工会議所

●ライター/MAKI(健康・美容ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする