憧れのキャラに変身! 親子で“ハロウィン”を楽しむアイデア3つ

【ママからのご相談】
現在3歳の娘がいるのですが、今年はハロウィンを子どもと一緒に楽しみたいと考えています。とは言うものの、具体的にどんなことをするイベントなのかよくわかりません。小さい子どもとのハロウィンの楽しみ方を教えてください。

a 仮装やお部屋デコなど親子での楽しみかたイロイロ!

ご相談ありがとうございます。ママライターのfurahaです。

ハロウィンは、ここ数年で日本でも定番化してきたイベントの一つ。近年ではクリスマスに並ぶくらいのビッグイベントになりつつあります。ハロウィンといえば、仮装、カボチャ、ゾンビ……などのイメージが思い浮かびますが、もともとは何のお祭りだったのでしょうか? 今回はハロウィンの由来から楽しみ方までご紹介していきます。

151029furaha

ハロウィンの起源は、古代ケルト民族の行事“Samhain(サウィン)”

この世とあの世の境目が曖昧になり、霊たちが行き来をする日であると同時に、夏の終わりと秋の収穫を祝う節目の日でした。村人たちは仮面を被ってさまよう霊から身を守ろうとしたり、先祖たちの霊があの世にたどりつけるようにかがり火を焚いたりお供え物をしたと言われています。

その後キリスト教会が教えを広める際にケルト文化を少しずつ取り入れ、サウィンを意識して11月1日の“All Hallow’s Day (諸聖人の日)”を制定。その前夜祭が“All Hallow’s Even”。それが徐々になまって“Halloween”になったと言われています。

これを由来として、20世紀以降、アメリカで子どものお祭りとして広まったハロウィンですが、仮装をして、「Trick or treat!」と言って近所の家を練り歩き、お菓子をもらうのが伝統的な楽しみ方。日本では、宗教的な意味合いはなく、ハロウィンといえば渋谷や六本木で仮装をして騒ぐ若者の姿がイメージされますが、もともとは子どものお祭りなのです。

ハロウィンの楽しみ方3つ

(1)仮装で好きなキャラクターに変身

ハロウィンといえば、仮装をしないことには始まりません! ハロウィンの由来にもある通り、さまよう霊に連れて行かれないように、同じようなゾンビの格好をしたというのがハロウィンの仮装のはじまり。

しかし、現在ではゾンビや魔女などの仮装だけでなく、女の子であればディズニープリンセス、男の子であればアメコミヒーローのようにアニメキャラクターに仮装するのも定番になってきています。特に小さい子どもにとっては、大好きなキャラクターに変身できるのはうれしくてたまらないはず! そのかわいい姿を写真に残すと良い思い出にもなります。

また、本格的な仮装はしないという方は、最近では100円ショップでハロウィン用のカチューシャやマント、カボチャのかぶりものなどが売っているので、そのような手軽に買えるものを使ってプチ仮装を楽しんでみるのもいいでしょう。

(2)ハロウィンイベントでお披露目

仮装をしたら、その姿を家の中だけでなく、外でも披露したいところ。地域によれば、ハロウィン当日に各家でお菓子を用意してくれて、子どもが仮装をしてお菓子をもらいに練り歩ける、という所もありますが……。近所でそのような習慣がない地域の場合は、ハロウィンイベントに参加して楽しんでみるのも一つの手!

特に都心部では、10月後半から仮装をして街を歩くハロウィンパレードが各地で開催されています。子どもが小さくて、そんな大規模なパレードに参加するのはちょっと……という場合は、ショッピングモールやデパートで開催されている子ども向けのハロウィンイベントに参加すると、子どもも楽しめる内容でいいのではないでしょうか!?

また、もっとハロウィン気分を味わいたいという場合は、ディズニーランドやUSJなどのテーマパークに遊びに行くのもお勧めです。

(3)100円ショップを利用したハロウィンパーティー

外だけでなく、家でもハロウィン気分を楽しみたいという方にお勧めなのが、100円ショップのハロウィングッズ! 100円ショップとは思えないクオリティーのものもあり、ここ最近のハロウィンブームで年々その種類も増えてきています。

“HALLOWEEN”と書かれたガーランド、カボチャの飾り物、お菓子を入れるジャック・オ・ランタンの入れ物などを使ってお部屋をハロウィン仕様にデコレーションしてみる。ハロウィン柄の紙コップや紙皿、ナプキンなども売っているので、それらを使って友人や家族とハロウィンパーティーを開いてみる、というのも楽しみ方の一つです。


キリスト教のお祭りということで、日本人にはもともと馴染みのなかったイベントではありますが、仮装をしてお部屋をデコレーションし、お菓子がもらえる、子どもにとっては特別感を味わえる楽しいイベントだと思います。

実は小さい子どもとでも楽しめることがいっぱいあるハロウィン。今年は親子でハロウィンを楽しんでみてはいかがでしょうか!?

【参考リンク】
ハロウィンの由来 | モンテール スイーツ学園

●ライター/furaha(ベビーマッサージ講師)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする