朝がムリならアフター5!? 働く女性に“夜活”がおすすめなワケ3つ

【女性からのご相談】
30代女性です。毎朝、就業前の時間を使って、勤務先近くのカフェチェーン店で英語の勉強を続けています。いわゆる朝活です。しかし、今回配置換えが発表になり、その配属先は今までより営業開始時間が早いため、朝活の時間を取れなくなりそうなのです。引き続き英会話の勉強は続けたいと考えています。何かいい方法があれば教えてください。

a 夜の時間を充実させる“夜活”がおすすめです。

ご相談ありがとうございます。ウェブライターのうぇぶりんです。

朝活を続けてこられたとのことですが、素晴らしいですね。朝活とは言わずと知れた、ビジネスマンやOLが出勤前や就業前に資格取得のための勉強や運動などをして、朝の時間を有効活用することを言います。

現在さまざまな場所で朝活に励んでいる人を目にするようになりました。しかし、朝に時間を作れる人ばかりではありません。そんな、出勤時間が早い人、加えて、残業も少なく退社時間が早い人などの間で今注目されているのが“夜活”です。

最近の景気低迷による経費節減によって、長時間の残業を禁止する企業が増えてきました。さらに世間一般が、公私のバランスを上手に取って人生を充実させようという流れになってきていることから、夜の時間を有効活用できるようになったと言えます。

朝に時間を作るのが難しいのであれば、迷わず夜活を始めましょう。とはいえ、仕事の後にいろいろと活動をするのは、そうたやすいことではありません。そんな夜活を続ける秘訣をご提案します。

person-holiday-vacation-woman-large

“夜活”のおすすめポイント3つ

(1)朝活よりも時間が取りやすい

朝活は、出勤前や就業前に活動するため、活動の時間がせいぜい2時間程度です。しかし、夜活は次の予定がない限り、それ以上に時間を作ることが可能です。集中したあと疲れが出たとしても、あとは帰宅、もしくは身の回りのことを済ませ就寝するだけなので無理がありません。焦ることなく集中できます。

もちろん、毎日少しの時間を継続させることも可能です。いずれにしろ、そのあとに就業する必要がないのでリラックスして取り組めるのではないでしょうか。

(2)選択肢が多い

朝活も語学の勉強からジョギングやヨガなどのスポーツまで、活動の幅は広いのですが、夜活は、朝よりさらに活動の選択肢が広がります。いろいろな分野の勉強会やビジネス交流会など、親睦会などの飲み会も兼ねて夜に行われることがほとんどです。カルチャースクールのカリキュラムも、アフター5の夕方からに組まれているものが多いです。

独学での語学学習、ジムでの筋トレやヨガなど、自分自身で活動するも良し、ビジネス交流会やカルチャースクールなどに参加して人脈を広げるも良し。夜時間の充実は人生の充実にもつながりそうですね。

(3)美容のためにも使える

最後に、女性ならぜひ取り組んでほしい夜活は、やはり美容のための夜活ですね。就寝前のひと時を、自分磨きのために使ってみてはいかがでしょう。

好きな香りの入浴剤を入れた湯船にゆっくりつかる。顔やボディのマッサージを丹念にする。立ち仕事やずっと座ったままの姿勢でむくんだ足をきちんとほぐしてあげたり、リンパマッサージをして血行を良くしたり、自分の体を優しくいたわってあげることは、将来の美のためにも、アンチエイジングとしてもとても大切なことですね。

その日の疲れはその日のうちに。何かのCMのようではありますが、美活は女性にとって欠かせない夜活と言えますね。

【参考リンク】
温度で効果が変わる入浴法 | 医療法人デンタルクリニックたかはし

●ライター/うぇぶりん(児童英語講師)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする