ただの風邪じゃないカモ? 子どもの「小児ぜんそく」の症状と予防法

【ママからのご相談】
現在、2歳になる息子がいます。病院で先生に、「ぜんそくの可能性がある」と言われました。この先どうしていったらいいのでしょうか?

a ただの風邪も侮らず、季節の変わり目にも注意!

こんにちは。ご相談ありがとうございます。ママライターのmomoです。

小児ぜんそく、治療中の子や予防薬を飲んでいる子など、多くの子どもたちが悩んでいる問題です。筆者の息子も小児ぜんそくと診断されました。今回は呼吸器系を専門とする小児科の先生に詳しく話を聞きましたので、ご紹介していきます。

151023momo

そもそも小児ぜんそくって?

小児ぜんそくとは、さまざまな原因で気管支などの気道にアレルギーが起き、気道が狭くなる慢性の病気のことをいいます。発作が起こると、息を吸うときに胸がヒューヒュー、またはゼーゼーすることがあり、呼吸が苦しくなってしまいます。発作を起こさないためにも、毎日予防する薬を飲むことが必要とされます。

きちんと病院で主治医から説明を受け、薬を飲むことでぜんそくはコントロール、また治療することができます。

ぜんそくの症状

「うちの子はぜんそくなのかしら……」そう心配する親御さんも多いはずです。先生いわく、何度か症状が出ないとぜんそくと診断するのも難しいとのこと。わが家の息子は1〜2歳のころから風邪を引くたびに気管支炎を起こしており、先生によく、「ぜんそくかもしれない」と言われていました。

ぜんそくの子の主な症状としては……

・夜中、就寝時の呼吸で、「ヒューヒュー」「ゼーゼー」という音がする
・激しく運動したり動いたりするとよく咳こむ
・風邪をひいた後、咳だけなかなか治らない
・季節の変わり目になると咳がひどくなる

先生によると、ぜんそくの子たちはこのような症状の子が多いようです。

ぜんそくを予防しよう

ぜんそくにならないためには、アレルギーの原因をつきとめてそれらを排除すること。ホコリやダニが原因の場合などは、シーツや布団をこまめに洗濯することが大切です。またふとんは干した後、掃除機やふとんクリーナーをかけるようにしましょう。季節の変わり目はダニが一気に死に、死骸の粉がぜんそくの原因になったりします。

衣替えをする際は、袖を通す前に一度洗濯したほうが良いでしょう。また何よりも風邪をひかないことが大切です。ただの風邪、と思いきやそこからぜんそくの発作につながるケースもあります。これからの季節は乾燥して菌も舞いやすいので、部屋の中は常に加湿するようにしましょう。

ぜんそくと診断されたからといって、必要以上に心配したり怖がる必要はありません。薬を飲み、自分のできる範囲で環境を整えて発作が出ないようにすることが大切ですね。

【参考リンク】
ぜんそくとせきぜんそく | 佐野虎ノ門クリニック

●ライター/momo(ママライター、元モデル)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする