ヨーグルトより効く!? 「納豆+ぬか漬け」が持つ整腸パワーとは

【女性からのご相談】
腸内環境が良くなるからとヨーグルトをすすめられましたが、どうしても苦手で食べられません。好き嫌いはほとんどないのですが、ヨーグルトだけは苦手です。フルーツソースやハチミツを入れてみてもダメでした。同じように腸内環境を良くすると言われている納豆は大好きです。ヨーグルトの代わりに納豆でも大丈夫ですか?

a “納豆+ぬか漬け”はヨーグルトよりも腸内環境は整えられます!

こんにちは。心理食育インストラクターのSAYURIです。ご相談ありがとうございます。

ヨーグルトが苦手な方、意外と多いようですね。近年、腸内細菌の研究が進み、“腸内細菌の移植で原因不明の難病が改善された”“腸内細菌は性格にも影響する”などと、さまざまな研究発表がされています。

今回は、腸内環境の測定や指導に長年携わられているNPO法人予防医療推進協会の三浦芳治会長にお話を伺いました。

151015sayuri02

納豆菌は胃酸に負けない!

三浦会長によると、乳酸菌を始めとする多くの菌は胃で強力な胃酸を浴びることで死滅してしまいます。しかし、納豆菌は胃酸に強く、便になってもまだ生きていることが農水省の実験で確認されているのです。死んだ菌でも腸内の生きた菌のエサになるので、無意味ではありませんが、やはり生命力の強い納豆菌を取った方が腸内環境の改善は早いでしょう。

古くから知られる納豆の整腸効果

同氏によると、『本朝食鑑』という江戸時代の本に、“腹中をととのえて食を進め、毒を解す”と書かれているほど、日本では古くから納豆の働きが知られていました。さらに、納豆菌はさまざまな酵素を作る上、豊富な食物繊維がその働きを促進して、乳酸菌・ビフィズス菌を増加させたり安定化させたりする効果があるとさえ言われています。

ぬか漬けにも多く含まれる乳酸菌

乳酸菌といえば、まず思い浮かべるのがヨーグルトだと思いますが、実は日本人が古来から食してきたぬか漬けにも多くの乳酸菌が含まれています。今はぬか漬け風の浅漬けなどが多いのですが、きちんとぬか床で漬けられたお漬物と納豆を食べれば、無理やりヨーグルトを食べなくても、それ以上の腸内環境の改善が望めるでしょう。


私たちは日頃、CMなどで目にする新しいワードに食いつきがちですが、日本人が昔から食べていたもので十分、もしくはそれ以上の健康効果が望めるのです。納豆やぬか漬け以外にも日本食は食物繊維を多く含み、腸内環境を整えるものが多いので、和食中心の食生活を心掛けてみてはいかがでしょうか。

【参考リンク】
腸内環境の改善で免疫力アップ。 | 小杉中央クリニック

●ライター/SAYURI(心理食育インストラクター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする