一汁三菜は当然!? 手料理にケチをつける「義母と夫」を見返すコツ3つ

【ママからのご相談】
40代、夫の両親と同居しています。食事のことでいつも文句を言われます。子どもが食べ盛りなので肉料理を中心に出すのですが、「食べるものがない」と義母に言われて本当につらいです。夫にも小言を言われます。解決策があったら教えてください。

a 和食を1品は用意し、少しでも手をつけたら良しとしましょう。

こんにちは。メンタルケア心理士の桜井涼です。ご相談ありがとうございます。

義母さんからの小言というのは、本当に心に突き刺さりますよね。遠慮なしに言うことが多いですから、相談者様も毎日とても心苦しい思いをされているのでしょう。

お子さんが食べ盛りのときはどうしても肉料理が中心になってしまうのは仕方ないことだと考えています。

私も義父と義祖母と同居していますので、経験がお役に立てれば幸いです。

151014sakurairyo

義両親との食事問題を解決するコツ3つ

(1)義両親の好きな食べ物をリサーチ

相談内容から“肉料理を中心に出す”とありました。お子さんやご主人の好みにだけ偏りすぎてしまっていることは考えられませんでしょうか。

年齢が高くなっていくと、脂っこいものが苦手になってくる方が多いようです。何気なく、義両親の好きな食べ物は何かをリサーチしてみることも大切です。食材でも構いません。テレビや雑誌を眺めているときに、「おいしそう」なんて言葉を発したものは好物であることが考えられます。相手を知ることから始めると、うまくいくものです。

孫子の言葉に、“彼を知り己を知れば百戦殆うからず(かれをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず)”というものがあります。相手のことを知ることはとても重要です。

(2)食卓はおかず3品とおみそ汁を用意してみましょう

相談者様は、おかずをどの程度作られておいででしょうか。主菜と副菜のことを考えますと、最低3品おかずがあれば、文句はあまりでなくなるかもしれません。

1品は、肉料理でもまったく問題はありませんが、あとの2品は野菜の煮物だったり、簡単にできるサラダだったり、鶏やきのこなどを蒸したものなど、料理の基本である焼く・煮る・蒸す・揚げる・生のどれかを3つ使っておかずを作れば、何かしら食べてくれると思います。

ここで欠かしてはいけないのが、おみそ汁です。インスタントではなく、なるべく手作りしたがいいです。おみそ汁は日本人(特に年齢が高い方にとって)のソウルフードと言っても過言ではありません。

おみそ汁に野菜を2種類くらい入れて作れば、文句が出ないはずです。

わが家でもおみそ汁があるとないとでは、食事の進み具合がまったく違いますし、おみそ汁があると、文句はほとんど出ません。

料理の出し方も、1人分ずつ皿に分けて出すのもいいですが、サラダや煮物などは大皿でどんと出すと、見栄えもしますし、自分で取れるので、量を調節しながら食べることができますので、高齢の方がいる家庭では便利だと思います。

(3)気負いせず、少しでも食べてくれたら良しと考えましょう

歳を重ねると、どうしても食が細くなってしまうこともありますし、脂っこいものより、さっぱりとしたものを好む傾向になってきます。ですから、「なんで食べないの?」と相談者様が目くじらを立てるよりも、おみそ汁とご飯、おかずを1品だけでも手をつけたら、「うまくいった!」と思ってもいいと思います。

食に関しては、どうしても文句が出てしまいます。食べることは欲求ですから当然です。自分が作ったわけでもないのに文句を言うんです。ついつい、「自分で作れば!」なんて思ってしまいますよね。私もそう感じます。でも、「少しだけでも食べたらOK」と考えておくことで気持ちが少し楽になりますよ。

私の場合は、切り干し大根煮やひじきの炒め煮、切り昆布のうま煮などのお総菜を1品でも出すようにしました。こういった野菜中心のメニューを出すと、文句を言わなくなります。「栄養面を考えているな」と感じたのでしょう。今でも時々言われますが、「絶対に文句の言われないような料理にしないとダメだ」などと気負いしないようにしています。


義母からもご主人からも言われるのは、つらいことです。ストレスに感じてしまうことも大きいでしょう。これではおいしくて楽しいはずの食事が、問題勃発の原因となってしまっています。

相談者様、ある程度口にしたらOKというラインをもっと低く持ってみましょう。そうすることで、気持ちに余裕を持つことができるようになると思います。相談者様は一生懸命に義両親に応えようとしています。それくらいがんばっているんです。少し力を抜いて、凝ったものを作るよりも簡単な料理の基本だけでできるものを出すようにしてみてください。

野菜を使った料理が増えれば、健康にもいいですし、ご主人だっておいしいものを目の前にして、文句を言う義母に怒るようになるかもしれません。

食事の中身に少しだけ工夫を入れてみるときっと変わります。試してみませんか! ご相談ありがとうございました。

【参考文献】
・『夫婦のルール』三浦朱門/曽根綾子・著

●ライター/桜井涼(メンタルケア心理士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする