ゴボウ並みの食物繊維! 美容に効く「アボカド」の豊富な栄養素とは

【女性からのご相談】
はじめまして。アボカドが美容に良いと聞き、毎日のように食べています。実際、食べ始めてからはお通じも肌の調子もいいように感じます。いったい何が良いのかアボカドについて教えてください。

a アボカドには、美容に欠かせないビタミン・食物繊維が豊富に含まれています。

こんにちは、ファイナンシャルプランナーで健康・美容ライターの小澤美奈子です。

最近はファストフードでも定番になっているアボカド。一年中出回っていて手に入りやすく、濃厚な口当たりがいろいろな料理に合い、たくさんの女性を惹きつけていますよね。そんなアボカドですが、一体どんな成分が美容に良いのでしょうか? 今回はその秘密について調べてみました。

151013ozawaminako

良質な油脂“オレイン酸”

アボカドは“森のバター”と言われるくらい栄養が豊富です。実際アボカドには油脂がたくさん含まれているのですが、油と言ってもただの油とは違います。一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸(オメガ9)は良質な油といわれており、動脈硬化や血栓を減らしたり、血液中の悪玉コレステロールとして知られているLDLコレステロールを下げる効果があります。そのオメガ9は美容液成分にも使われることもあり、まさに“食べる美容液”と言えます。

ビタミン・食物繊維も豊富

アボカドには豊富なビタミン類が含まれているのも特徴の一つです。その中のβカロテンは抗酸化作用や美肌効果があり、アンチエイジング効果も期待できます。さらに、

・目の充血や肌荒れに効果があるビタミンB2
・脂肪の代謝に必要なビタミンB6
・悪性の貧血の予防に必要なビタミンB12などのビタミンB群
・ビタミンC

なども含まれています。

お通じを良くしてくれる食物繊維も豊富にあります。食物繊維が豊富で知られている“ごぼう”100gと比べた場合、ごぼうが5.7gであったのに対しアボカドは5.3gと、ごぼうに匹敵するくらいの食物繊維が含まれています。このようにビタミン、食物繊維が豊富なアボカド、美容に良いということは言うまでもありません。

冷えと食べ過ぎに注意

しかし、いくら美容に良いからと言っても、食べ過ぎには気を付けたいものです。アボカド100gあたりのカロリーは187kcal(小さ目のアボカドの1個強の量に相当)と意外に高いのがおわかりでしょう。そればかり食べるのではなく、1日あたり2分の1個を目安にいろいろな食品とバランスよく食べることが大切です。

もともと中南米の暖かい気候育ちのアボカドは、東洋医学では陰性食品で体を冷やす食べ物と言われているため、冷え症の人には注意をしましょう。


いかがでしたでしょうか。アボカドが美容に良いというのは本当でしたね。そのままわさび醤油で食べたり、トーストにしたり、天ぷらにしたりと、和洋中どんな料理にも合う食材です。おいしく食べて美しく健康的な女性を目指しましょう。

【参考文献】
・『キレイをつくるアボカドレシピ』佐藤俊介・著

●ライター/小澤美奈子(ファイナンシャルプランナー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする