ベビーカーはNG!? 親子で「台湾の夜市」を安全に楽しむコツ3つ

【ママからのご相談】
次回の主人の休暇を利用して、家族で台湾へ遊びに行こうと思っています。今回はツアーではなく個人で旅行する予定です。1歳と3歳の子どもを連れて台湾の観光名物の夜市を楽しむために、気をつけるべきことを教えてください。

a お子様の迷子には十分に気をつけて!

ご相談ありがとうございます。台湾在住のママライター、なかやまあぽろです。

ご家族でご旅行、うらやましいです! 台湾は親日で、子どもにも優しい国なのでぜひ楽しんでくださいね。

台湾の夜市は楽しい半面、お子様連れとなっては少々心配な点も多いかもしれませんが、3つのアドバイスをまとめてみましたので、参考にしてみてください!

151008nakayamaaporo

親子で台湾の夜市を安心して楽しむコツ3つ

(1)抱っこひもと迷子防止ひもの活用

一番心配されているのは、お子様の迷子ではないでしょうか。言葉も通じない外国で迷子になったら大変です。

1歳のお子様は、抱っこひもでしっかり抱っこされることをお勧めします。夜市はとにかく道が狭く、いつの時期に観光しても人が多いです。ベビーカーは危険ですから使用を避けましょう。

3歳のお子様は、迷子防止ひもを使用することをお勧めします。迷子防止ひもに関しては賛否両論ありますが、お子様が急に走りだしたり、なにかに気を取られていても見失う心配がありません。必要なときにこそうまく活用してみてはいかがでしょうか。

(2)生ものに注意

台湾の夜市では、主に食べ物や飲み物がメインです。いいにおいの揚げ物や、色とりどりのフルーツをふんだんに使ったドリンク……。目移りしてしまいますね。

炒め物や揚げ物は火を通しているので基本的には問題はないと思いますが、特に気をつけたいのが“生もの”です。お子様や胃腸が弱い方は避けたほうが無難でしょう。胃腸に自信のある方でも、万が一のときのためにポケットに胃腸薬を忍ばせておくと安心です。

(3)大人も子どもも歩きやすく安全な靴で

当たり前かもしれませんが、たくさん歩く海外旅行ではトラブルを防ぐために履き慣れた靴で行動しましょう。

夜市などの人の混み合う場所を観光する際は、安全面も考慮する必要があります。サンダルなどの足の甲を露出する靴ではなく、スニーカーなど甲の全体を覆う靴を選びましょう。

大人も子どもも、誰かに踏まれたり、小石やごみが散乱している道でケガをしたりするリスクがあります。きちんと確認しておくことが肝心です。


迷子になって慌ててしまう前に、夜市の入り口付近に子どもがよく知るファストフード店などを見つけておき、「万が一の際にはここに集合」と確認しておきましょう。また、お子様のポケットなどにご両親の連絡先やホテルなどの情報を記載したメモを入れておくのもいいでしょう。

ステキなご旅行になりますように!

●ライター/なかやまあぽろ(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする