まずは基礎体温チェック! 夫婦で受けるべき「不妊検査」の知識

【女性からのご相談】
結婚して早4年経ちます。「子どもが欲しいな……」と避妊をしていないのですが、一向に妊娠できず、“不妊症”という診断を受けました。これから不妊原因について検査を受けるのですが、まず基礎体温を付けるよう言われ体温計を購入したところです。不妊の原因はどういった検査で調べるのでしょうか。

a 女性は月経周期に合わせてさまざまな検査を行います。また、男性も検査が必要です!

こんにちは、どっふぃーです。ご相談ありがとうございます。

不妊症との診断を受け、落ち込んでいらっしゃるかもしれません。けれど、原因さえ見つかれば、あとはそこを治療するのみです! 時間や精神的な負担はあるかと思いますが、前向きに赤ちゃんとの対面のために頑張っていきましょうね。

それでは、今回は不妊の原因を調べる検査について学んでいきましょう。

151002doffy

基礎体温から読み取れるのは“ホルモンの状況”

“不妊”と診断を受けた人が必ずといっていいほど行うのが、“基礎体温”を測ること。朝、目覚めて体を動かす前に婦人体温計を舌の下に入れて測ります。それをグラフにすることによって、あなたのホルモン状態が読み取れるのです。

正常な状態だと、排卵日を境に低温期と高温期に分かれ、妊娠せずに月経が来ると再び低温になるのですが、グラフがそういったカタチにならない場合は、そのカタチからいろいろなリスクがわかるのです。

高温期が短い人や整っていない人は、排卵を引き起こす黄体の機能不全が疑われます。温度が変わらない人は、排卵がなされていない“無排卵”の状態の可能性があります。そして、高温期が長ければ妊娠の可能性が高いとされています。基礎体温でこんなにわかってしまうのですから驚きです。

周期を問わない検査も行います

不妊症の原因の多くは、月経周期に合わせて行われる検査でわかりますが、周期を問わない検査も行われることがあります。問診をした後に超音波(エコー)をかけて、婦人科系以外の病変によってホルモン異常をきたしていないかを診ていきます。また、性病による不妊の可能性も視野に入れてクラミジア抗原抗体検査も行います。

男性も検査をしなければ、不妊は解消できません!

妊娠するためには、女性だけではなく男性も万全の状態でなければなりません。精子そのものの問題はもちろん、最近は心因性の障害も増えているそうですので、検査は女性のみならず必ず男性も受けるようにしましょうね。

【参考リンク】
不妊症とは | 松本レディースクリニック

●ライター/どっふぃー(船舶料理士)

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする