夫の呼び捨てはNG!? 先輩ママに聞く「お姑さん」と仲良くするコツ3つ

【女性からのご相談】
まだ結婚して2年なのですが、姑との関係がとてもぎこちなく感じます。どうすれば自然に仲良くなることができるのでしょうか?

a お姑さんと仲良くするコツを3つお教えします。

こんにちは。ご相談ありがとうございます。ママライターの横山かおりです。

嫁姑問題、永遠の課題ではないでしょうか。他の家庭ではどのようにしているか、とても気になるところですよね。今回は実際に嫁側で頑張っているママたちから意見を聞いてみましたのでご紹介します。

151002momo

先輩ママが実践! “お姑さん”と仲良くするコツ3つ

(1)料理を通じて仲良くなる

・『夫の好きな料理の作り方を直接教えてもらう』(3歳男の子のママ)
・『夫の実家に行ったときに、料理のサポートをしながら“おふくろの味”を教えてもらう』(5歳女の子のママ)

お姑さんから料理を教えてもらうというママが多数いました! 料理を教える側も教わる側も適度な上下関係が成立しやすくていいのかもしれません。夫の好物の作り方も学べて、一石二鳥ですね。

(2)お姑さんの言葉遣いを注意して聞いてみる

・『お姑さんのことを、「お母さん」と呼んでいたのですが、お姑さんはお舅さんのお母さん(夫のおばあちゃん)のことを、「お母さま」と呼んでいたので、同じように、「お母さま」に変えてみた』(4歳女の子のママ)
・『お姑さんの言葉遣いがとてもきれいなので、会話をするときはかなり気をつけて話すようにしている』(4歳男の子のママ)

言葉遣い、これはとても大切です。特にお姑さんの言葉遣いが美しい場合は気をつけましょう。どんな敬語を使っていいのか迷うときは、お姑さんの言葉に耳を傾け、同じ言葉を使うと間違いないでしょう。

(3)夫の前では一歩下がった嫁を演じる

・『普段はカカア天下のようなわが家ですが、夫の実家に行くとかなり謙虚な嫁を演じています』(3歳男の子のママ)
・『夫の両親の前では夫のことを呼ぶとき、「○○さん」と言うようにしています』(5歳男の子のママ)

お姑さんは自分の息子が嫁から敬われていてほしいようです。普段は夫のことを呼び捨てで呼んでいても、お姑さんの前などではきちんと敬称をつけるようにしましょう。お姑さんの前だけでなく、他の人の前でも“さん付け”のほうが大人としては適切かもしれません。


各家庭、ママたちもそれぞれのポイントに気をつけて行動しているようです。嫁姑関係はなかなか難しいことも多々ありますが、良い関係が築けるといいですね。

●ライター/横山かおり(ママライター、元モデル)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする