次の夏までジャマすぎ! 使っていない“扇風機”を収納するアイデア3つ

【パパからのご相談】
幼稚園に通う息子のパパです。そろそろ扇風機をしまおうと思うのですが、購入時の箱は処分してしまったため、収納の方法に悩んでいます。いつも押入れにそのまま入れているのですが、何かいい方法があれば教えてください。

a 扇風機やストーブなど、季節のものの収納には多くの人が悩んでいます。

こんにちは。整理収納アドバイザーの澤田真美子です。

2010年に、全国の賃貸住宅のお部屋探しや不動産購入をサポートする情報サイト“SUUMO(スーモ)”が行ったアンケート調査で、「住んでみて分かった住まいの不満点は?」という質問に対し、1位は、「収納が少ない」。洋服・靴のほか、扇風機、ストーブなど季節ものものをあげています。多くの人が扇風機の収納に悩んでいることが分かります。

150914sawadamamiko

扇風機の収納方法3つ

専用のカバーをかけて収納

100円ショップなどには、不織布素材の扇風機専用のカバーが販売されています。また、一般的な扇風機であれば75Lのゴミ袋にすっぽり入ります。ゴミ袋を使用したい場合は、扇風機にかぶせ、扇風機の足で口の部分をおさえるようにすればよいでしょう。サイズが合わない場合は、扇風機の首の部分で、ヒモなどで縛っておくと埃が入り込みません。

扇風機は上にモノを乗せることができませんから、置く場所に工夫が必要です。あまり上の方においてしまうと万一地震などがあった場合落ちてくる可能性があり危険ですので注意しましょう。

押入れ用収納ケースに入れる

押入用のプラスチック収納ケースは奥行きがあります。一般的な扇風機であれば、大きいサイズの押入れ用のプラスチック収納ケースに収まります。浅い収納ケースは入らない場合があるので、新たに購入を検討する場合はサイズを測ってからにしましょう。押入れ用収納ケースに入れる場合も、袋に入れてからしまうと使いたいときにすぐに使うことができます。

オフシーズンも扇風機を使う

扇風機は快適に過ごすために1年中使えるので、しまわずに出したままでも大丈夫。例えば、冬には暖房機器で温められた空気を、扇風機を使って循環させることによって部屋全体の温度を上げることができ、節電になります。直接体にあたらなければ寒さを感じることはありません。

また、雨の日など、洗濯物を室内に干さなければならないとき、洗濯物に直接風があたるようにすると早く乾きます。生乾きのニオイも防ぐことができます。


扇風機をしまう場合は、しまう前にお手入れしましょう。分解して、水洗いできるものは水洗いしてよく乾かします。水洗いできないものは拭いてからしまいます。お手入れをしてからしまうことによって、使いたいときにすぐに使うことができます。また、1年中活用させるという方法もあります。ライフスタイルに合った方法をお試しください。

【参考リンク】
Vol.18 住んでみて分かった住まいの不満点は? | SUUMO

●ライター/澤田真美子(整理収納アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする