ハプニングは当たり前!? 「子連れドライブ」を楽しむアイデア3つ

【ママからのご相談】
今度ドライブ旅行を計画しているのですが、おむつが取れたばかりの2歳と、おむつ真最中の1歳の子どもを連れているため、少し不安もあります。長距離のドライブに持っていったほうがいいグッズや注意すべき点があれば教えてください。

a 子連れドライブでは、トイレグッズやカラオケが役に立ちます。

こんにちは。海外在住プロママライターのさとうあきこです。

家族でのドライブ、きっといい思い出になりますね。ただ、子ども連れの旅行はハプニングがつきもの。何が起きても冷静に判断する余裕と、備えが大切です。それがあれば、ハプニングも楽しい思い出の一つになるでしょう。

今回は、実際に幼い子どもを連れてドライブをしたベテラン主婦へのインタビューを参考に、“子連れドライブ”で必要なグッズや注意点についてまとめてみました。

150901satoakiko

“子連れドライブ”で役立つもの2つ

トイレグッズ

『ドライブに渋滞はつきもの』と言うのは、5歳を筆頭に年子で3人の娘を持つ40代のベテラン主婦Iさん。

『オムツをはいてくれれば安心だけど、オムツがとれた子にはかせるわけにもいかないから、渋滞や突然の、「おしっこ!」に備えて携帯トイレは必需品』だと話してくれました。

加えて、目隠しになるようなバスタオル(水泳用のゴムの入ったものがおすすめ)や、狭い車内でのことなので、消臭剤と密封できるビニール袋なども用意しておくと安心でしょう。

カラオケ

ドライブ中、子どもたちにテレビやDVDを見せておくと大人しくしてくれるのは確かですが、『家族でのせっかくのドライブには、一人でも楽しめるテレビじゃなくてみんなで楽しめるアクティビティを準備しておきたい』とは4歳の双子の母であるTさんの発言です。

そんなTさんがテレビの代わりにすすめてくれたのが“カラオケ”。『カラオケならドライバーのパパも参加できるし、子ども用のカスタネットやタンバリンを持たせるとちょっとにぎやかすぎるくらい盛り上がります』とのこと。

スケジュールはおおまかに

さらにこんな意見もありました。

『子どもと一緒だと、いつ気分が変わるか分からないから、スケジュールは大まかなほうがいい』とは、7歳と2歳の男の子のママであるMさん。

活発な男の子は、狭い車内で退屈しやすく、じっとしているのがツラくなります。そんなとき、「何時までにあそこに行かなくちゃ」という縛りがあるとみんなの心がギスギスイライラしてしまいます。

ドライブの予定を立てるときには、『「臨機応変に道も行先も目的も変更してしまおう」というくらいの気持ちでいたほうが気楽』なのだそうです。

まとめ

確かに時間や目的に縛られていると、楽しいはずのドライブを終えたときに残るのが疲労ばかりになってしまいそうです。

小さなお子さん連れのドライブはハプニングがあって当たり前。そんなハプニングに慌てない“備え”と“余裕”を一緒に車に積んでお出かけください。

●ライター/さとうあきこ(海外在住プロママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする