貧乏は悪くない? 離婚の危機を回避する方法

【ママからのご相談】
結婚5年目です。2人の子どもがいます。先月くらいから離婚話を夫がするようになりました。子どももいるし、私としては離婚したくありません。どうすれば離婚を回避できるのか教えてください

a 貧乏をして、忙しく働くといいそうです。

こんにちは、ミクノです。

ある芸能レポーターの方が、「人は暇になると離婚する」と言っていました。心理学者の先生が書いている本にも、同様なことが書いてあったと記憶しています。

人は忙しいうちはせっせと働くので、離婚をしようとあまり思わないそうです。思っていてもそれを口にしない(口にする暇がない)のだそうです。仕事がひと段落して落ちついたときに、「では離婚しましょう」という話になって別れるんですって!

芸能レポーターの人は、「この女優さんは、あの舞台の仕事が終わったあとに離婚したな」とか、「ドラマの仕事が落ち着いたから、離婚する、しないで揉めているのだな」などと、勘づくのだそうです。

131004mikuno

忙しくすること!

ということで、今回のお答えは、とにかく夫婦で忙しく働きまくることで、離婚を回避しましょうということにしたいと思います。

これは誰にでもできる回避方法ですよね。働けばいいのですから。

奥さんが現在パートであれば、昼と夜、両方のパートに出てみてはいかがでしょうか? 朝はやくパートに出かけて、夕方、食事をつくりに家に戻る。保育園に預けた子どもを引き取るか、ふたたびどこかに預けに行く。で、夜のパートに出かける。

こういうサイクルの生活をしている限り、旦那さんはあなたに離婚話を持ちかける暇がないでしょう。

あなたが家に帰ると、旦那のものがすべて部屋からなくなっていたというようなことは起こるかもしれませんが、一般的には夫婦合意のもとで離婚をするわけですから、離婚の危機を回避できると言えるでしょう。


いかがでしたか? そもそもなにが原因で離婚の危機が訪れているのか、ご質問の文面からはわからなかったのですが、なにが理由であれ、忙しく働いていると離婚の確率は減る。これは本当のことだろうと思います。

ちなみに貧乏なうちは離婚にいたらないけど、裕福になるとすぐに離婚をするという傾向も、多くの人に見られるようです。貧乏はお金を稼ぐことで解決できる。しかし裕福な人々の、「文句」は処理のしようがないので、離婚するしかないということらしいです。

箸の上げ下げが気に食わないと言われても、解決のしようがない。

ゆえに離婚……ということです。貧乏をしつつ、必死で働くうちが華なのかもしれません。

●ライター/ミクノトモ(作家・コラムニスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする