先輩ママも実践! 不妊で悩む女性にオススメの「スロー妊活」とは

【女性からのご相談】
30代後半から妊活をはじめて1年が経ちます。最近、芸能人の妊娠報道や同じ妊活仲間の妊娠を聞くたびに、素直に祝福できず、自己嫌悪に陥ります。不妊の原因が分からず出口が見えない状況なので、妊活をやめようかなと思うときもあります。このまま諦めた方が良いのでしょうか。

a 妊娠だけを考えるのではないスローな妊活をしよう。

ご相談ありがとうございます。フリーライターのmikiです。

妊活経験者なら誰もが悩み、ぶつかる壁。私自身も2人目を考えてから妊娠まで5年の年月を費やしました。ですから、ご相談者様の気持ちが痛いほどわかります。“妊活”という言葉が体を支配してしまうと、毎月の結果に一喜一憂し、望んだ結果にならないと大きなストレスになってしまいます。ストレスがたまれば妊娠力も低下してしまう。まさに負のスパイラルに陥ってしまいます。そんなときこそ、“スロー妊活”を試してみてはいかがでしょうか。

今回は“スロー妊活”について紹介したいと思います。

150827miki

ストレスフリーな生活を目指す“スロー妊活”

“スロー妊活”とは、妊娠ばかりを考えず、ストレスフリーな生活を心がけることで結果的に妊娠につなげる活動のことです。私自身もこの“スロー妊活”で2人目を授かることができました。

自分自身の趣味に没頭したり、夫婦でお出かけしたり、“楽しみ”を見つけて、妊活の敵であるストレスを解消する。毎日の生活を見直して、規則正しい生活にするなど“スロー妊活”の方法はさまざまです。具体的にはどのような方法を実践したのでしょうか。“スロー妊活”で実際に赤ちゃんを授かったお母さんに話を聞いてみました。

『休日に夫婦でドライブ。おいしいものを食べてストレスを発散』(20代ママ)
『週末は、日帰りで温泉旅行に。気分転換になるだけでなく、冷えも解消されて一石二鳥でした』(30代ママ)

など、お出かけして気分転換をする人もいれば、

『不妊治療に通うことをやめて基礎体温も計ることも休む。妊娠することばかりを考えないようにした』(30代ママ)
『病院に通うのをやめて食生活を見直すだけの“スロー妊活”にしたら妊娠することができた』(30代ママ)

と毎日の生活を見直す人も。

“考えすぎない”ことがポイント

“スロー妊活”の一番のポイントについて聞くと、全員から『妊娠について考えすぎないこと』という回答が得られました。一見、簡単なようですが、妊活している人にとっては意外と難しいものです。

『妊娠について考えないために、不妊治療の本を読んだり、不妊治療のスケジュールを確認したりすることを一度ストップしてみました』(40代ママ)

のように、妊娠を考えない環境を作った女性も。

『期間限定でも妊娠について考えないだけで気持ちが楽になれた』(30代ママ)

という意見もありました。


すぐ治療しなければならない場合は難しいかもしれませんが、ご相談者様のように妊活を続けるかどうか悩んでいる場合、一度“スロー妊活”を試してみてはいかがでしょうか。

ママ活中の女性必見! 飲んで実感サプリメント

¥2,980(送料無料)
農薬不使用国産マカ100%使用(業界トップ国産マカ配合量)した妊活女性のためのマカサプリです。
女性ホルモン(エストロゲン)分泌をサポートする注目のベンジルグルコシノレートは海外産マカの十数倍含有! 早く授かりたい女性、なかなか授かれない女性のために開発された新しい妊活サプリです。

●ライター/miki(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする