子育ての不安を解消しておきたい! プレママ期に考えておくべき指針とは

【女性からのご相談】

結婚三年目の主婦で、最近妊娠がわかりました。最初は夫婦共に喜んだのですが、今は不安でたまりません。ネットには「子育ては大変だ」と書いてあり、子育てがちゃんとできるのか不安です。どうしたら不安は無くなりますか?

a 子育ての不安を解消するには「指針」を考えておくことが大切です!

妊娠されたのですね。おめでとうございます。

そうですよね。現代は情報社会だと言われるほど、情報があふれています。だからこそ、相談者様のように不安になる方も少なくありません。そういった子育ての不安を解消するためにも、今から子育ての指針を考えておくことが大切です。

130525nisimura

大変さがあるからこそ、感じられる子育ての幸せ

まず知っておいていただきたいのは、ネットに書いてあることは真実だということです。子どもを育てることは幸せなことばかりではありません。辛いこともあると思います。しかし、それ以上に、楽しいこと、嬉しいこと、癒されること、喜びも、たくさんあります。どちらもあるから、より幸せに感じることができるのです。そう考えていただくと、少しは不安が解消されるのではと思います。

辛い時に役に立つ子育ての指針

しかし、辛い時があると思うと、どうしてもナイーブになってしまうものです。そのために大事なのが、「指針を決めておくこと」です。指針とは何かと言うと、子育ての参考となる基本的な方針のことです。子どもにどのように関わったら良いのかわからなくなった時などは、この指針の元、関わり方を決めると迷わなくてすみます。

指針を立てる3つのポイント

指針を立てる時のポイントは、子どもがどのような大人に育って欲しいのかを想像してみることが大事です。子育てのゴールを決めるようなものですね。その時に、以下に挙げる3つのポイントを踏まえて考えるといいです。

そのポイントとは、

(1)環境面
(2)能力面
(3)行動面

です。

例えば、「英語が話せていて、世界中を飛び回る仕事を行い、様々な人とコミュニケーションがとれるようになっている」という将来像を考えたとします。この場合、子どもには英語を話す「行動」だったり、コミュニケーションをスムーズに行う「能力」だったり、世界中を飛びまわれるような「環境」を手に入れている必要があります。そこから、現在の子どもとの関わり方を考えていくことで不安や悩みが解消されます。常日頃から、このような指針を、夫婦で考えられると良いでしょう。


指針を立てるには、いろいろな子育てを見ることも大事です。妊娠中の今、様々な子育て法についての本を読んでおくことも良いでしょう。自分の感性に合った子育て法について学んでおくと、指針が立てやすくなります。

良い子育てライフが送れるといいですね! お子さんの健やかなる成長をお祈りいたします。

●ライター/西村史子(イヤイヤ期専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする