陣痛時もリラックス!? 妊婦の緊張をほぐす“アロマテラピー出産”とは

【ママからのご相談】
現在妊娠8か月の初妊婦です。妊娠後期に入り、お産のこともいろいろ調べるようになりました。ですが、調べれば調べるほど、陣痛への恐怖が増すばかり……。そんなときに、あるブログで“アロマテラピー出産”をした方の体験を読みました。出産に少しでも役に立つことは取り入れたいと思うのですが、アロマは初心者です。どんなことをしたらいいのでしょうか?

a お産に備えて、正期産に入ったら陣痛を促進するアロマテラピーを取り入れましょう。

ご相談いただきありがとうございます。ママライターのましゅままです。

初めての妊娠・出産だと、お産本番のことが本当に不安になりますよね。アロマテラピーの出産では、お産をスムーズに進めることができるとされています。

分娩中はもちろん、正期産に入っていつ産んでも良い! という時期に入ってからは、陣痛を促進するアロマを取り入れるとより効果的ですので、ぜひ試してみてください。

150803masyumama

アロマテラピー出産って?

アロマテラピー出産とは、精油(エッセンシャルオイル)の効果で、産婦さんにリラックス・陣痛促進効果を与え、お産の痛みを和らげたり、お産の進みをサポートしたりする分娩方法のことです。

このアロマテラピー出産を用いた産婦人科が増えてきており、オイルで芳香浴させてくれたり、陣痛中にアロマトリートメント(キャリアオイルにアロマオイルをブレンドしてマッサージをし、皮膚からオイルの効果を取り入れます)を施術してくれたりする産婦人科も。

無痛分娩より自然で、かつ効果的にお産をサポートしてくれる分娩方法なのです。

陣痛に効果的なアロマオイルとは

・ローズ、イランイラン……陣痛の痛みを緩和してくれる作用があります
・ジャスミン、ゼラニウム……子宮収縮作用があり、陣痛促進に効果があります

筆者も、第1子出産時にアロマを取り入れました。

筆者の場合、正期産に入ってから毎日ジャスミンなどの陣痛を促進するアロマオイルで芳香浴をして、陣痛本番が始まってからは、汗を拭くためのタオルに同じオイルを数滴垂らして使用しました。

結果、初産だったにも関わらず、入院から4時間の大安産で、お医者様や助産師さんもびっくりしておられました。

もちろんアロマの効果には個人差があります。陣痛の際、アロマの香りを感じられなくなるほど取り乱していては、お産もなかなか進まないという場合もあります。

出産は、“リラックス&リフレッシュ”が大切

陣痛の痛みや陣痛促進にはリラックスが効果的とされています。陣痛が始まると、緊張してつい体に力が入り、必要以上に痛みを強く感じてしまうことで大幅に体力を消耗してしまいます。

アロマテラピーは産婦さんの緊張をほぐすことができて、心も体も良いお産へつなげることができます。誰にでも取り入れられる方法ですので、興味がある妊婦さんはぜひ試してみてくださいね。

【参考リンク】
アロマテラピーのメカニズム | 公益社団法人 日本アロマ環境協会

【関連コラム】
帰るタイミングは? 妊婦が「里帰り出産」を選ぶ前に知るべきこと4つ
本当にするべき? 立ち会い出産をしたパパたちの感想3つ
陣痛から出産後まで同じ部屋で過ごせる「LDR出産」とは

●ライター/ましゅまま(ママライター)

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (4)

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする