紫外線対策は食事から!? シミが増える原因「ソラレン」を含む食品リスト

【女性からのご相談】
紫外線との相性が悪い食べ物があるというニュースを読みました。具体的にはどんな食品を避けたほうがいいのでしょうか?

a 光毒性物質ソラレンが含まれている食品は避けましょう。

こんにちは。海外在住プロママライターのさとうあきこです。

夏は1年のうち最も紫外線対策が大切な季節です。紫外線量が多いだけでなく、薄着になり外出の機会が多いことも紫外線を浴びて日焼けをしやすい原因となります。

確かに日焼けしやすくなる食品は存在しています。今回は、紫外線を浴びる可能性のあるときに避けたい食品をまとめてみました。

150731satoakiko

ソラレンとは

ソラレンという聞き慣れない名前を持つこの物質は、野菜や果物の一部に含まれています。ソラレンを体内や体外に摂取すると、通常よりも多く紫外線を吸収してしまいます。食べても飲んでも塗っても、日焼けしやすくなってしまうのです。

また、ソラレンを体内に取りこんだ場合には数時間、肌などに直接塗った場合には2日間、効果が持続するそうなので、要注意です。

女性専門医療に携わる皮膚科専門医も、『ソラレンを含む食品をたくさん取って紫外線を浴びると、紫外線を余分に吸収してシミの原因になる』と述べています。

ソラレンを含む食品

野菜の仲間では、

・きゅうり
・セロリ
・パセリ
・三つ葉
・春菊

などがソラレンを含んでいます。

果物の仲間では、

・オレンジ
・レモン
・グレープフルーツ
・アセロラ
・いちじく

などに含まれています。このほか、サプリで使われるクロレラにもソラレンが豊富に含まれているそうなので、注意したいですね。

これらの食品は、紫外線を浴びる前には食べたり飲んだりするのを避け、キュウリやレモンなどを使ったパックは、その効果持続期間を考慮すると行わない方が無難です。

まとめ

ご紹介した食品の中には、“美肌効果がある”“日焼け対策に効く”といったイメージのあるものも多く含まれています。

キュウリやパセリ、レモンやアセロラなどには豊富なビタミンCが含まれているため、本来であれば紫外線に対抗してくれるはず。ただ、これらの食品は紫外線を浴びる前ではなく、後にこそその効果を発揮することが分かってきています。

正しい食品を正しいタイミングで取りこむことが、正しい紫外線対策になるわけですね。

【参考リンク】
接触皮膚炎 | 池内皮膚科クリニック

【関連コラム】
ガンになるって本当? 「牛乳は体に悪い」という説に根拠はあるのか
毒にもクスリにも? 砂糖の摂取量が子供の発育に与える影響
助産師に聞く! ママが注意すべき「母乳の質が悪くなる食べ物」一覧

●ライター/さとうあきこ(海外在住プロママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする