忘れ物を防止! ママが用意するべき“夏のお出かけアイテム”一覧

【ママからのご相談】
小さい子どもが2人います。梅雨が明けたので、日中、色々なところにお出かけするようになりました。恥ずかしながら、私は忘れ物が多く、せっかくお出かけしても、「あれを忘れた!」「○○がないからできなかった」「○○があればよかったのに」などということが多いです。一般的なもので結構ですので、夏にお出かけするときに準備するとよいものをまとめて教えてもらえますか?

a 夏のお出かけ準備物リストをご紹介します!

ご相談ありがとうございます。教育コンサルタントの佐藤理香です。

ご相談者様のお気持ちはよくわかりますよ。私もしょっちゅう忘れ物をしては、子どもに残念な思いをさせてしまった……と後悔ばかりしていました。そこで、お出かけの準備物リストを作成して、それに沿って用意することを心がけました。すると、頭の整理もできましたし、忘れ物がなくなって気持ち良く過ごせるようになりましたよ。

今回は、先輩ママの体験談を参考に、夏のお出かけに必要な準備物リストをご紹介します。

150730satorika

夏のお出かけ準備物リスト

基本的な持ち物

・ビニール袋
・ウェットティッシュ
・帽子
・上着
・着替え一式(オムツや水あそびパンツを含む)
・水分(水筒、ペットボトル)
・タオル
・日焼け止め
・おやつ

ママたちからの意見としては、

『うちの子は石や葉っぱをとるのが大好き。ビニール袋は必需品です。汚れものやゴミも入れられるので、2~3枚は常備しています』
『ウェットティッシュは必ず持ってますね。近くに水場がないとき、食事のとき、ちょっとしたケガでもすぐに使えますから』
『以前、外で遊んで汗をかいたまま、冷房のきいた屋内に入ってしまい、子どもが風邪をひいてしまいました。それ以来、薄手の上着は必ず持参するようにしています』

などがありました。荷物が多くなると移動もつらくなりますので、かさばらないものを用意できるといいですね。

あると便利なもの

・虫よけ
・応急セット(絆創膏、虫さされ薬、ピンセットなど)
・おもちゃ
・うちわや扇子、保冷剤
・母子手帳・保険証

ママたちからの意見は以下の通りでした。

『私の子どもは虫探しが好きなので、藪の中にはいって虫にさされたり、擦り傷をつくったりするので、応急セットは持ってます。必要なときに、薬局って近くにないものですよ』
『お茶をしたり、レストランに入るときのために、お絵描きセットやシールブックをバッグにいれています。頭を使い、手先を動かすおもちゃで集中して遊んでくれるので、大人も休めます』
『熱中症が怖いので、保冷剤や扇子を持って出かけます。保冷剤はタオルでくるんで首に当てたり、抱っこしている子どもを扇子で扇いだり、気持ちよさそうにしてくれます』

これらのものも用意しておくと、いざというときに慌てなくて済むかもしれません。


先輩ママたちの意見を参考に、ご自身で必要なもの・不要なものの項目をカスタマイズして、自分なりの準備リストを作成してみましょう。忘れものもなくなり、より快適なお出かけになると思いますよ。

【関連コラム】
冷凍ゼリーが保冷剤!? 夏のお出かけを快適にする「暑さ対策グッズ」3選
先輩ママお墨付き! 長時間移動中に子どもを飽きさせないアイデア3つ
近所の避暑地を探そう! ママが“夏の暑さ”を乗り切るためのヒント3つ

●ライター/佐藤理香(教育コンサルタント)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする