寿命は○か月? 歯ブラシの交換時期&お手入れのポイント

【女性からのご相談】
歯ブラシの交換時期ってだいたいどれくらいを目安にすればいいですか? 自分のものや家族の分を見たときに汚れているなって思うことがあって、気になっています。

a 目安は1か月。保管方法や交換時期を見直して歯ブラシを清潔に使おう!

こんにちは。歯科衛生士の鈴木ハナコです。

歯ブラシの交換時期を知らずに同じブラシを長く使ってしまっている方はかなり多くみられます。今回は歯ブラシの保管方法や交換時期について歯科医師へのインタビューをまじえてご説明します。

意識して守りたい交換時期

歯ブラシはだいたい1か月を目安に定期的に交換してください。同じものを長く使い続けてしまうとブラシの毛のコシが失われ、うまく歯の汚れを落とすことができないですし、不衛生です。

また、1か月という交換時期の目安前でも、毛先が広がってしまった歯ブラシはすぐに交換しましょう。毛先が広がってしまうと清掃効果が著しく落ちてしまいます。少しでも広がってしまっていたらぜひ交換していただきたいところですが、わかりやすい例として写真を載せておきますので参考にしてください。

150724suzukihanako02

写真の左側のように、歯ブラシの頭の部分をブラシとは反対側から見たとき、毛先が広がって外側に飛び出して見えるものは交換しましょう。ぜひご自身の歯ブラシをチェックしてみてくださいね。

しっかり洗って! 歯ブラシのお手入れ

歯ブラシを使った後は流水でざっと流して終わりという方は多いと思いますが、歯ブラシはよく洗ってから保管しましょう。ブラシの毛の間にゴミが詰まったままで放置しておくと雑菌の温床になってしまいます。ブラシの毛の根元部分に歯磨き粉などが残ったままの場合も同様です。

風通しの良いところで保管がおすすめ

『歯ブラシはなるべく“乾燥させる”ということを意識して保管場所を考えましょう。濡れたままだと雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。歯ブラシを定期的に交換できている場合、十分乾燥させることで雑菌の付着量を減らすことができます。外出先で歯磨きをした際など、持ち運び用のケースに入れっぱなしという方を見かけますがこれはNG。意識的に乾燥させるように心がけましょう』(歯科医師/長野県)


いかがでしたか?

普段何気なく使っている歯ブラシは、歯の健康を守る最前線で活躍しています。交換時期を過ぎたものを使い続けて、歯に悪影響が出ないように注意していきたいですね!

【関連コラム】
歯並びは遺伝する!? “かみ合わせ”が悪いことで起こる健康リスクとは
口内トラブルの原因に!? 抜歯するべき“親知らず”の見極め方

●ライター/鈴木ハナコ(歯科衛生士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする