海外セレブが目をつけた! ひよこ豆のスーパーフード「フムス」の栄養価

【ママからのご相談】
産後ダイエット中です。海外のセレブが食べていると言うフムスについて質問です。ひよこ豆を使っているそうですが、その栄養価は本当のところどうなんですか? サイトによって違うことが書いてあるので混乱しています。

a 海外のセレブも注目!? スーパーフード“フムス”の栄養価をご紹介します。

こんにちは。心理食育インストラクターのSAYURIです。ご相談ありがとうございます。

スーパーフードやパーフェクトフードと呼ばれるものたちは、いつも話題になっては消えていきますね。気になるものはネットで調べれば山のように情報が出ていますが、私たちは今、調べれば調べるほど混乱してしまう情報の洪水に溺れているような状態だといってもいいでしょう。そしてどの情報を選択するかによって生活が変わってしまいます。

そこで、今回はひよこ豆と、日本人が古くから食べてきた大豆の栄養価について比較してみたいと思います。

150723sayuri01

フムスとは

フムスは、イスラム圏の中東地域やトルコやギリシャといった地中海地方で日常的に食べられている、ポピュラーな食べ物です。

ゆでたひよこ豆に練りごま、にんにく、オリーブオイルを加えペースト状にしたもので、基本的な味付けは塩のみという非常にシンプルなものです。野菜にディップしたり、パンに塗ったりするのが一般的な食べ方のようです。

ひよこ豆と大豆の栄養価を比較

同じ豆である大豆と比較してみます。まず、ひよこ豆のうたい文句でよく見かける、“低カロリーで高タンパク”という特徴について。

ひよこ豆(ゆで)……100gあたり:171kcal、タンパク質9.5g
大豆(ゆで)……100gあたり:180kcal、タンパク質16.0g

カロリーはひよこ豆の方が若干少ないですが、タンパク質は大豆の方がはるかに多く含まれていますね。そして気になる炭水化物。炭水化物は糖質、不溶性食物繊維、水溶性食物繊維の総合量になるので、それぞれに分けて見てみましょう。

ひよこ豆……糖質15.8g、不溶性食物繊維11.1g、水溶性食物繊維0.5g
大豆……糖質2.2g、不溶性食物繊維6.1g、水溶性食物繊維0.9g

不溶性食物繊維はひよこ豆の方が多く含まれていますが、糖質もかなり多く含まれているのが分かります。

その他の栄養素も見てみましたが、ビタミンB6と葉酸については大豆よりひよこ豆の方が多く含まれていました。

大豆で応用するのもアリ!?

こうして冷静に食材の栄養素を見てみると、そこまで騒ぐほどでもないような気もしますね。話題のものを取り入れたいのであれば、ひよこ豆にこだわらず、大豆や枝豆でフムスを作ってみるのもいいかもしれませんね。ちなみに、枝豆はタンパク質・ビタミン類が非常に豊富で、6〜8月が旬です。

もちろん、ひよこ豆のフムスが悪いわけではありません。ひよこ豆の食物繊維にオリーブオイルのビタミンE、そしてにんにくの抗酸化作用に、練りごまのオレイン酸や鉄分、ビタミンB群など、優れた組み合わせではあります。ひよこ豆で作る場合、糖質が多いのでパンよりも野菜と組み合わせるといいでしょう。

【参考リンク】
ひよこ豆 | わかさ生活

【関連コラム】
ココナッツの次に来る!? 「アマニ油」の栄養効果とお手軽レシピ2選
料理は派手がイイ!? 食べ物の“フィトケミカル”がもつ色別効果6つ
奇跡の野菜! 「ヤーコン」の効能3つ&オススメ調理法

●ライター/SAYURI(心理食育インストラクター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする