怠け者or天才? 宿題を“夏休み最終日”に仕上げる子どもの特徴

【ママからのご相談】
息子が2人います。兄は計画的に宿題をコツコツやり、早めに終わらせるタイプですが、弟は毎年夏休みに遊びほうけ、夏休みの最後にガーッと終わらせるタイプです。

もうすぐ夏休みということで、できれば弟にも兄のように計画的に宿題をやってほしいのですが、「自分はこれでいいんだ!」と言って聞きません。どうにかならないものでしょうか。

夏休みがある理由

ANJ101035822_TP_V

子どもにとって「最高」のひと言に尽きる夏休みですが、そもそもなぜ夏休みがあるのか皆さんご存じですか?

日本で夏休みが設けられているのには、大きく分けて2つの理由があるようです。

まず一つ目は、“欧米の制度を模倣した”こと。日本は義務教育制度を始めるにあたり、欧米で実施されている制度を参考にしたと言われています。

欧米では1〜3か月近く夏休みを取る文化があったため、日本もそれにならって夏期休暇を設けたというわけですね。

もう一つは、“夏は暑くて勉強に集中できない”から。「そんなバカな」と思われるかもしれませんが、昔は冷房設備のない校舎が多く、熱中症などのリスクもあったため勉強どころではなかったようです。

当たり前のように享受していましたが、夏休みができた背景にはそんな理由があったんですね。

夏休み最終日に宿題を終わらせる人の傾向

150720sasakimegumi

アメリカの心理学者チョイ・チューらが、200人以上の大学生を対象に行動パターンと性格の関係について調査を行った結果、自信があって時間の使い方がうまい人ほど、宿題を最終日まで積極的に先送りしている傾向があることを明らかにしました。

これは『積極的先送り』と呼ばれています。

見守る親としては、子どもがなかなか宿題にとりかからないと心配ですし、早めに終わらせてくれた方が気が楽なのも無理はありません。

学校や会社で“計画的に物事をこなすこと”を徹底的に教わってきた人からすれば、最終日に終わらせるなんて理解し難いことだと思います。

しかし、だからといって最終日に宿題をまとめて終わらせるのが“ダメ”とは必ずしも言えないのです。そこには才能が眠っている可能性もあります。

最終日に宿題をするとき、弟さんの様子はどのようでしょうか。もし、やろうやろうと思いながらダラダラ先延ばしにしてしまっていたり、最終日に誰かに泣きついて助けてもらっていたり、締め切りに間に合っていないのであれば、それは消極的な先送りなので、計画を立てるなどして是正していく必要があります。

一方、もしも弟さんが夏休みを思い切り楽しみ、最終日に集中力を発揮しているのであれば、それは積極的先送りです。

要領が良く、時間の使い方がとても上手な可能性がありますので、無理にやめさせようとするのではなく、その特徴を認めてあげたほうが能力を伸ばせるかもしれません。

夏休み最終日までに宿題を終わらせるコツ3つ

desk-pens-school-design-large

子どもが夏休み最終日に山積みの宿題の前で頭を抱えないよう、計画的に進めていく必要があります。

以下では、夏休みの宿題を最終日までに終わらせるコツについてお話しします。

(1)優先順位をつける

一口に夏休みの宿題といっても、作文や計算ドリルなどさまざまなものがありますね。子どもの得意な教科、不得意な教科もあるでしょう。

そのため、漠然と宿題を進めているとどこかでつまづいたり、やり忘れなどの問題が起こります。

そこで一番最初に、「何を先に終わらせるか」という優先順位をつけましょう。全ての宿題に優先順位をつけ、期限も設定します。

そうすることで宿題を後回しにして最終日に泣くといった事態を避けることができま。

(2)勉強する場所を変えてみる

家にいたらゴロゴロして全然宿題しない! というお子さんの場合は、宿題をする場所を変えてみることをおすすめします。

たとえば図書館の自習室などは静かで集中しやすいですし、やる気スイッチも入りやすくなります。

わざわざ外に出すのが面倒という方は、リビングで宿題をさせるのも効果的ですよ。

(3)工作系は一番最後に

わりとありがちなのが、一番最初に“夏休みの工作”などの大作に手をつけて油断してしまい、残りの宿題をやり残すというもの。

難しい課題を一番最初にこなすと、「おわったー!」という達成感からまるで全ての宿題を終えたかのような錯覚に陥ってしまいがちです。

「難しいものから最初に」という選択は間違っていませんが、最後に片付けるのもおすすめですよ。

【学生編】皆の夏休み最終日の過ごし方

YUKI150321280I9A4443_TP_V

残っている宿題の清算

『私は小学生のころから毎年夏休み最終日は残った宿題を清算して過ごしていました。ほぼ徹夜です笑。「来年こそは計画通りに!」と思うんですけど、いざ休みが始まると楽しいことを優先しちゃうんですよね……』(27歳男性)

学生時代の夏休み最終日の過ごし方で特に多いのは、やはり“残っている宿題の清算”ではないでしょうか。

「明日やろう」を幾度となく繰り返した結果、最終日には山のような宿題が……。

徹夜覚悟で宿題を片付けながら、「来年はちゃんと計画立てよう」と心底思った人も少なくないでしょう。

遊びまくる

『ウチの娘は計画的に宿題をこなす派なので、最終日は友達とテーマパークや買い物などで遊びまくっているようです。私は最終日は宿題をして過ごす派だったので、わが娘ながら尊敬しちゃいます』(32歳女性/中学生のママ)

宿題をきちんと前もって終わらせていた人は、最終日に遊び回っていたという人も多いようです。

残っている宿題の処理に追われている同級生を横目に遊び回るのは、ちょっとした優越感を覚えたものです

【社会人編】皆の夏休み最終日の過ごし方

OOK863_asaokitara_TP_V

家族と家で過ごす

『わずか4日しかありませんが、夏休み最終日は家族と家で過ごします。仕事が始まるとあまり家族の時間が取れないので』(34歳男性/小学生のパパ)

普段仕事が忙しくて家族と過ごす時間が少ないという人は、最終日を家族と家で過ごす場合も少なくないようです。

やり残した仕事を片付ける

『休み前に残していた仕事を徹夜で片付けます笑。学生時代となんも変わってない』(27歳女性)

学生同様、夏休み最終日には徹夜覚悟で山積みになった仕事を片付けるという人もいるようです。

学生のころに宿題を後回しにしていた人は、大人になってもその傾向は変わらないのかもしれませんね。

ひたすら寝る

『仕事が始まったら残業の毎日に戻るので、長期休暇の最終日はひたすら寝て過ごします。睡眠の貯金です』(41歳男性/小・中学生のパパ)

社会人の中で結構多く見られたのが、“ひたすら寝る”というもの。

たしかに仕事が始まれば十分な睡眠時間を確保することが難しい人も多いので、「今のうちにたっぷり寝ておこう!」と思うものですよね。

夏休み最終日を迎えた人たちの声

MAX86_ugegege20150207110830_TP_V

楽しかった夏休みもついに最終日。明日から会社や学校が始まると考えると、冷静さを保てる人なんていないでしょう。

以下では、ネット上で見つけた夏休み最終日を迎えた人たちの叫びをご紹介します。

『【悲報】あと5分で夏休み終了 【悲報】あと5分で夏休み終了【悲報】あと5分で夏休み終了 【悲報】あと5分で夏休み終了』

『夏休みって幻だったのかな』

『来るな! 来るな学校ぉおおおおおおおお』

『学生ざまぁあああ! そもそも夏休みなんてほとんどない社会人の勝ちだな! だな……うん……』

『明日はきっと8月32日が来るはず。だから宿題はしない!』

『夏休み最終日のサザエさんってなんか残酷だよね。ヘタなドキュメンタリー映画見るより泣けるよね』

『あした職場に雷が落ちますように』

『宿題全部終わらせたと思ったら数学の課題まるまる残っとった笑。うん、あきらめよう』

皆さん、やはり夏休みを終えて日常に戻ることに悲しみを覚えるようですね。

しかし、どんなに嫌でも次の日には学校や職場に行かなくてはなりません。悔いのないよう、充実した最終日を過ごすようにしたいですね。

【2016年版】夏休み最終日のディズニー混雑予想

people-crowd-event-amusement-park-large

「夏休み最終日はめちゃめちゃ遊ぶぞ!」と意気込む人は少なくないでしょう。遊べるスポットの代表格として“テーマパーク”がありますが、その中でも一番有名なのが『ディズニーランド』。

夏休み最終日をディズニーで過ごせたら最高ですよね!

しかし、多くの人は「夏休み最終日のディズニーなんて激混みでしょ」と諦めてしまう人も多いと思います。

毎年ディズニーランドの混雑具合を予想している『ディズニーランドFUN!』というサイトのデータを元に2016年8月のディズニーランドの混雑予想を見てみましょう。※待ち時間はTDL、TDSの代表アトラクションの平均です。

東京ディズニーランドの場合

東京ディズニーランドは、8月5日(金)が一番人が少なく、平均61分待ちでアトラクションに乗ることができます。一方、8月14日(日)が一番人が多く、平均107分待ちとなっています。

夏休み最終日の8月31日(水)はというと、94分待ち。なかなか混みますが、ピーク時よりは10分ほど短く、落ち着いていますね。

東京ディズニーシーの場合

東京ディズニーシーも8月5日(金)が一番人が少なく、待ち時間は60分となっています。逆に一番人が多いのは8月11日(木)で128分待ちとなっています。

夏休み最終日の待ち時間は111分。こちらもピーク時よりは落ち着いていますね。


結論としては、夏休み最終日のディズニーは普通よりは混んでいるが、ピーク時ほどではない、ということになります。

これまで「最終日はめちゃ混むでしょ」と思っていた人は諦めずに訪れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

「夏休みがある理由」や「皆の夏休みの過ごし方」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

夏休み最終日というのは、大人も子どもも関係なく悲しい気持ちになるものですよね。なるべく充実じた最終日になるよう、宿題や仕事は先に終わらせておきたいですね。

●ライター/佐々木恵(教育コンサルタント)
●追記/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする