妊娠前の状態に戻せる!? ママが“産後の胸”をキレイに保つケア方法3つ

【ママからのご相談】
現在、1歳5か月の息子を育てています。保育園のために断乳を無事終えたのですが、見るも無残なバストになってしまい、主人からもクレームが……。妊娠中も乳首が黒ずんだり、大きくなってしまったりしたのが主人は衝撃的だったようなのですが、もともと形が良い方だったので、かなりショックを受けています。産後に形がくずれてしまった胸は、もう戻らないのでしょうか。

a 妊娠前以上のきれいなバストにすることはできませんが、限りなく近づけることができます。

ご相談いただきありがとうございます。ママライターのましゅままです。

ママの胸は、授乳のために妊娠中に乳腺が発達し、ホルモンの関係で乳首の色も濃くなって、赤ちゃんのための胸に変身します。乳首の色素は産後徐々に戻っていきますが、卒乳をして授乳の役目を終えた胸は、しぼんだような見た目になってしまうのは避けられないことです。

完全に戻すことは難しいですが、妊娠中・授乳中のケアや卒乳後のケアで少しでも前のバストの形に近づけることはできます。

150720mashumama

なぜ産後に胸がしぼんでしまうの?

妊娠中はパンパンに発達していた乳腺がバストを支え、ハリとボリュームが保たれています。しかし授乳期後半や断乳後は、乳腺が急激に縮むために、バストもしぼんでしまいます。妊娠中は通常時の3~4倍もの大きさに膨らんで、授乳後期には空気が抜けたようにしぼんでしまうので、シワができたりボリュームダウンしてしまったりしてしまうのです。

産後の胸をキレイに保つコツ3つ

(1)バスト回りの保湿ケア

バストの肌のハリを保って、柔らかくしておきましょう。妊娠中・産後すぐは保湿のついでにバストマッサージを行って、母乳の分泌も促しましょう。

(2)下着を正しくつける

妊娠中は、乳腺の発達のためにゆったりしたブラジャーのほうが好ましいですが、授乳期は普段からサイズの合ったブラジャー(ワイヤーでバストを支えられるものが良い)を着用しましょう。産後はサイズも変化しますし安価なもので十分です。

(3)自然に卒乳させる

突然断乳をすると、パンパンに発達していた乳腺が一気に縮み、垂れてしまう原因につながるので、徐々に母乳の分泌量を減らしながら自然に卒乳させると、バストが垂れにくくなります。

バストを元に戻すケアには継続と根気が大切

できることなら、妊娠中からしっかりとバストケアを行っておくことが望ましいですが、産後や断乳後からでも効果は得られます。

『妊娠中からバストケアを欠かさず行っていました。ほぼ母乳のみで育てましたがなんとかバストが垂れるのは予防できました』(20代ママ)
『卒乳後気づいたら悲惨な胸に……。しかし、改めてケアを行って、少しずつハリが戻ってきた気がします』(30代ママ)

という意見をいただきました。筆者自身バストケアをまめに行い、産前のようなハリはありませんがなんとか垂れずにキープできています。


産後、自分の体の変化に気を落としてしまうママは少なくありませんが、きちんとケアを行うことである程度はきれいなボディラインに戻すことができます。

とはいえ、妊娠期間と授乳期間の数年で変化したバストを1度きりのケアでキレイにすることはできません。根強く、継続してバストをキレイにしていく努力をしていきましょう。

産後のバストケアに!

¥2,980
寝てる時につけるだけ!
★寂しい大きさのバスト ★バストが外向きに離れている ★年齢によるバストの垂れ ★授乳後ハリがなくなった
Viageビューティアップナイトブラはこんな方にオススメです!

●ライター/ましゅまま(ママライター)

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする