産後ママもなる? 日常生活に支障をきたす「多汗症」の原因と治療法

【ママからのご相談】
先日出産したばかりの新米ママです。妊娠前も、妊娠中も汗っかき体質ではなかったのに、産後やたらと汗をかくようになりました。どうしてなのでしょうか。いつか改善するのでしょうか。教えてください。

a 『産褥期多汗』と呼ばれる症状かもしれません。産褥期が終わってホルモンバランスが整ってくると自然に改善していきます。

ご相談ありがとうございます。健康・美容ライターのMAKIです。

生まれつき汗っかきではないし、太っているわけでもないのに、汗っかき体質になったという人がたまにいらっしゃいます。

汗っかきは、多汗症と呼ばれ、冬でも汗に悩んでいて、こまめな着替えが必要であったり、汗が気になって何かに集中できないというように日常生活にも支障がでてしまう場合は、病気の一種とも考えられます。

150703maki

多汗症(汗っかき)とは

太っていないのに汗っかきなのが気になる、激しい運動をしているわけではないのに汗を大量にかくという場合は、多汗症の可能性があります。

多汗症とは、必要以上に汗をかいてしまい、皮膚の表面が濡れてしまう状態をいいます。自律神経失調症、リウマチ、甲状腺疾患、更年期障害、糖尿病などが原因で引き起こされる場合と、特に原因が見当たらない場合とに分類されます。

多汗症の改善法

多汗症の改善方法にはいくつかあります。

病気が引き金となって多汗症の症状が現れる場合は、その病気を治療することで改善に期待できるので、そちらの治療が優先となります。

一方、原因がわからない場合でも、知らず知らずに食生活の乱れ、不摂生、ストレスなどが原因でホルモンバランスの乱れを引き起こし、多汗になっている可能性もあるので、生活習慣の改善やストレスの解消などの方法を試しながら、汗が出たらこまめに拭き、肌を清潔に保つようにします。

多汗症の場合、原因となっているのはエクリン腺という汗腺から出る汗です。この汗は、無臭でサラサラとしているので、固く絞った濡れタオルでこまめに拭き取れば、汗の臭いはほとんど気にならないでしょう。

ご相談者様のように、産後のホルモンバランスの乱れという一時的な症状の場合は、こまめに汗を拭き取る、制汗剤を使うなどの方法で不快な時期が過ぎるのも待つという手があります。一方、慢性的に悩んでいる場合には、汗腺からの汗の分泌を抑制する薬や、自律神経を整える薬、漢方薬などを使った薬物療法や汗腺に関係する交感神経を遮断する外科的手術を行う場合があります。

また、多汗症は必ずしも精神的なものだけが原因ではありませんが、心療内科などで心身療法をおこなうことで改善したり、環境を変える方法で改善することがあるので試してみるのもおすすめです。


いかがでしたか。今回は、汗っかきの原因と改善法をまとめました。

一時的なホルモンバランスの乱れではなく比較的長期間、多汗症に悩んでいる場合は、病気が隠れていないかどうかのチェックをするだけでも有益ですので、多汗症の専門外来や多汗症に詳しい皮膚科の専門医を探してみましょう。

【参考リンク】
汗かき | 田中クリニック

【関連コラム】
イライラが1年も続く? 産後ママがホルモンバランスを整える方法3つ
心身ともにデトックス! 梅雨の不調を招く“体内の湿気”の出し方3つ
あなたは大丈夫? 人前で過剰に緊張する「社交不安障害」チェック10項目

●ライター/MAKI(健康・美容ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする