もはや万能薬!? 女性の味方「ココナッツオイル」の効能3つ

【女性からのご相談】
ココナッツオイルがいいとあちこちで騒がれていますが、どんな効果があるのでしょうか? どんな使い方をすればいいのか、副作用はないのか、ココナッツオイルの基本を教えてください。

a ココナッツオイルは女性に嬉しい“ダイエット”“美容”“健康”に効果を発揮する自然食品です。

こんにちは。海外在住プロママライターのさとうあきこです。

食品の原材料の1つとして使われることが多かったココナッツオイルですが、近年はココナッツオイル単体で注目を浴びるようになりました。

というのも、ココナッツオイルは現代人の悩みを減らしてくれるオイルであることが分かってきたからです。

特に、“ダイエット”“美容”“健康”という、女性にとって関心度の高い3要素に大きく役立ってくれます。

150703satou

ココナッツオイルの持つ効果3つ

(1)ダイエットにココナッツオイル

ココナッツオイルの成分90%以上が『飽和脂肪酸』の『中鎖脂肪酸』です。

この中鎖脂肪酸は体内で効率よく分解されるという性質を持っているため、体内に蓄積されません。いわゆる油の多くが持つ、“体の中で脂肪に変身するイメージ”とはまったく異なります。直ちにエネルギー化して体の代謝をアップし、すでに蓄積されている脂肪を巻き込んで体全体の燃焼率を上げてくれるのです。

さらには、腸にくっついた汚れや宿便などを洗い流す働きまで持っています。体内に取りこむことで、体に脂肪をためることなく排出する働きを促してくれるというダイエット効果が期待できるのです。

(2)美容にココナッツオイル

ダイエット効果があるだけでも、十分に美容の役にも立っていますが、さらに“美”を磨き上げる効果もあります。

『ビタミンE』が豊富に含まれていることから、抗酸化作用を発揮するのがココナッツオイル。そう、“アンチエイジング”効果も期待できるのです。

食事として体内へ取りこむことで内臓からアンチエイジングすることができる上、直接肌に塗りこんで保湿や肌の若返りといった美容効果まで認められています。さらには、頭皮に揉みこむことで血行を促進し、ツヤのある健康的な髪を育てることにもつながるそうです。

オイルなのにあまりべたつかない使用感がクセになりそうです。

(3)健康にココナッツオイル

ココナッツオイルは、体を健康に保つ手助けもしてくれます。

内臓を健康な状態に保つ効果があるため、インフルエンザなどのウィルス性の病気予防、気管・肺・尿路などの細菌による感染症予防、胃腸・膵臓・胆嚢などの機能保護のほか、骨粗しょう症保護、虫歯や歯周病予防、コレステロール比率の改善など、さまざまな病気から体を守る働きを持っています。

また同時に、素早くエネルギー補給できる栄養源にもなるため、疲れ気味のときの栄養補給にもぴったり。さらには、アルツハイマーの改善や予防にも役立つことが研究の結果分かってきています。


ココナッツオイルはココヤシの果実種子を圧搾抽出した天然そのもののオイルです。特に熱を加えていない未精製かつ無添加の『ヴァージンココナッツオイル』には酵素も含まれているため、ほかのオイルに比べて体へのマイナス影響は最小限、プラス影響は最大限という特徴を持ちます。

こうしてまとめてみると、ココナッツオイルはまるで万能薬のように思えてきます。

ただし、あくまで同量のオイルを使用する前提で比較した場合に、ほかのオイルよりもココナッツオイルがプラス面を多く持っているというのであり、必要以上のココナッツオイルを摂取すれば、その影響はプラスからマイナスに転じる可能性があります。

あくまで適量範囲で上手に使うことをルールとして、ココナッツオイルのいい影響を存分に享受したいものですね。

【参考リンク】
Coconut Research Center Home Page

【参考文献】
・『ココナッツオイル健康法〜病気にならない 太らない 奇跡の万能油〜』ブルース・ファイフ(著)

【関連コラム】
ココナッツの次に来る!? 「アマニ油」の栄養効果とお手軽レシピ2選
体に害はナシ? 妊娠線予防に“ココナッツオイル”を選ぶポイント3つ
夫を食事面からサポート! うつ病が改善できる栄養素一覧

●ライター/さとうあきこ(海外在住プロママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする