小学生の作文の書き方のコツ5つ

前回のコラム、『苦手な作文を克服するコツ』では、作文嫌いを克服するための実践法を書きましたが、今回は、実際に作文を書くときのポイントについてご紹介したいと思います

このポイントを参考にして、お子さんに指導してみてはいかがでしょうか。

130926sugimoto

(1)伝えたいことを書き出す

いきなり原稿用紙に書き始めると、何から書いていいのか、どう書いていいのか戸惑ってしまう場合があります。まずは、ノートに書きたい内容、伝えたいことなど、思いついたことを箇条書きにしてみましょう。

例えば、読書感想文の場合、本を読んだ感想が、「おもしろかった」とします。そこから矢印を書き、「何がおもしろかったのか」「どのシーンがおもしろかったのか」など、文章を再度振り返りながら文章を肉付けしていきます。

そのほかにも、印象に残ったシーンなど思ったことを書いていきましょう。そして、「私だったら~」のように、自分の意見や考えを入れてみるのもよいでしょう。

(2)文章の組み立てを考える

書き出した内容を少しずつ繋げていきます。パズルピースを組み立てて1枚の絵を完成させるように、文章の流れを考えていきましょう。

(3)原稿用紙に書き始める(下書き)

だいたいの流れが決まったら、いよいよ原稿用紙に書いていきます。そのときに、なるべく一文が長くならないようにするのもポイントです。一文が長いと、伝えたいことが分かりにくくなってしまうからです。

(4)原稿を見直す

下書きが終わったら、必ず見直しましょう。漢字の間違えなども確認しましょう。間違えがあったり、付け加えたりしたい場合は、赤ペンで原稿用紙に直接記入してしまいましょう。

また、一度、完成した作文を誰かに読んで聞かせ、意味が伝わっているか確認することも大切です。耳で聞いたときに、伝えたい内容が伝わっているか、分かりやすい文章かを聞いてみましょう。

(5)清書する

最後に、新しい原稿用紙に清書していきましょう。誤字・脱字に注意しながらゆっくりと、丁寧に書いていきましょう。


文章を書くということは、相手に伝わるように頭で考えて、文字に残すということです。相手に伝わるように考えることは、コミュニケーションを図るうえで大切な要素になります。

コミュニケーション能力を育てていくためにも、作文が大好きなお子さんに育てていきましょう。

【関連コラム】
苦手な作文を克服するコツ

●ライター/miki(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (31)
  • うーん (37)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする