ボーナス使い道TOP3……2位はまさかの「支給なし」、1位は?

いよいよ夏のボーナスのシーズン到来です。「景気回復の兆しあり」と言われている2015年、ボーナスの金額がアップしたという幸せなご家庭もあるのではないかと思います。

年に2回の大きな収入であるボーナス。大きな買い物をしたり、将来のために投資や貯金をしたり、いろいろとできることがありますよね。皆さんはどういった使い道を考えていらっしゃるのでしょうか?

そこで、パピマミ読者の皆様に、「夏のボーナスの主な使い道は?」というアンケート調査を実施しました。その結果をランキング形式で発表します。

150617ranking

夏のボーナスの主な使い道は?

第3位:ローン返済

3位は『ローン返済』で13%(14人)という結果でした。

既に、家や車などの大きな買い物をしていて、その返済に充てるということですね。ボーナスが長期的に見込める方は、ローン借入時にボーナス併用を選ぶことで返済期間を短くすることもできます。

まとまったお金が入ることが多いボーナス。計画的に使わなければ、つい使いすぎてしまうこともありそうです。先にこういった支払い予定が立っていれば、そのようなことを防げますね。

第2位:ボーナスなし

2位は『ボーナスなし』で、27%(30人)の方がこちらを選択しました。

ボーナスをもらって喜ぶ方がいる一方で、ボーナスがない方もいるという厳しい現実……。ですが、これは非正規雇用の方や中小企業にお勤めの方には、珍しくないことなのではないでしょうか。また、年俸制でボーナスが月々の給与に組み込まれている方も、“夏のボーナス”という形ではもらえませんよね。

ボーナスの話題が気になる時期ではありますが、平静を装いつつスルーしましょう。

第1位:貯金

1位に選ばれたのは、『貯金』で35%(39人)という結果になりました。

どうやら皆さん、お財布のひもが固いようです。「昔からコツコツと貯金をしている!」という方もいらっしゃるとは思いますが、「なかなか景気回復が実感できず、先行きが不安で使えない……」というのも本音ではないでしょうか。

総務省の統計によると、1世帯あたりの貯蓄額は、2013年、2014年と連続して前年より増加しているそうです。不安定な経済情勢下では、蓄えはいくらあっても安心できません。景気が目に見えて回復しない限り、この傾向が続くかもしれませんね。


改めて振り返ると、1位から3位は次の通りとなりました。

・1位:貯金……35%(39人)
・2位:ボーナスなし……27%(30人)
・3位:ローン返済……13%(14人)

※有効回答者数:110人。集計期間:2015年6月4日〜2015年6月8日(パピマミ調べ)

パピマミ読者の皆さんはボーナスが入ったからといって、「パーッと使っちゃおう!」なんてことはないのですね……。

この結果からは、皆さんの安定した生活への願いが感じられます。1位になった『貯金』の目的は、子どものため、老後のため、夢のため……いろいろとあるでしょう。ですが、景気回復のためには個人消費が伸びることも必要です。社会のためという口実で、たまにはボーナスを使ってしまうのも良いのではないでしょうか!?

全ての順位が知りたい方は、関連コラムの『【アンケート結果(1位〜9位)】夏のボーナスの主な使い道は?』をご覧ください。

【関連コラム】
【アンケート結果(1位〜9位)】夏のボーナスの主な使い道は? | パピマミ

(文/パピマミ編集部・福田)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする