ワーママでも強制参加!? “保育園の役員”に関する基礎知識

子どもを保育園に預けると、ようやく時間に余裕ができたと胸をなで下ろす人は少なくないでしょう。しかし、幼稚園や小学校などと同様に保育園にも役員制度があります。

役員に選ばれると多忙なスケジュールを課されることもあり、仕事をしている人にとっては足かせになることも。

また、園によっては“一人一イベント”を任され、全員参加を強要されるところもあります。

そこで今回は、役員制度や活動内容、参加するメリットや実際にあったトラブル例など、保育園役員の実態についてご紹介します。

保育園の役員制度(PTA)の特徴

woman-hand-desk-office-large

同じ保育園に子どもを通わせる仲間として保護者が先生と協力し、より良い保育を目指していこうという目的で設置されています。

一般的には園で行われる行事のお手伝いをしたり、保護者会などで意見を交換し合ったりといった活動をします。

しかし、園の規模や理念、保護者の就労状況などによって活動内容は大きく異なり、中には役員制度を設けていないところもあります。

傾向としては、園の規模が大きかったり、理念として「保護者主体の運営」などを掲げていたりする保育園ではPTA活動が活発なようです。

反対に、保護者のほとんどが就労していて実質的にPTA活動が行えない場合や、園が運営の全てを管理している場合などはPTA活動が消極的な場合が多いです。

保育園の役員は意外とキツい!?

man-person-woman-face-large

幼稚園と違って0歳児から託児を受ける保育園は、入園基準が厳しく設定されており、共働き世帯の割合が多いと言われています。そのため、時間に余裕のない家庭も少なくありません。

しかし、園が保護者の協力を強く求める傾向にあったり、保護者の間でPTA活動を活発に行いたいという声が大きかったりする場合は、どんなに多忙でも参加を強要される場合もあるようです。

とくに手のかかる0歳児の親にとっては、仕事や家事、育児とPTA活動を同時にこなすことは大きな負担となります。

“保育園=共働き家庭が多いからPTA活動がゆるい”という認識を持っている人もいるようですが、役員に立候補する際は自分の生活と両立できるかしっかり考えておきたいところです。

保育園の役員はどんな活動をするの?

PAK86_testderuzo20141123172553_TP_V

保育園の役員が行う主な活動には、以下のようなものがあります。

・保護者会の意見を取りまとめる
・役員会への出席(役員選出や予算決めなど)
・季節ごとのイベントのお手伝いや運営
・バザーや模擬店などの運営
・運動会やお遊戯会のお手伝い

役員同士の集まりはイベントの1か月前をメドに行われ、平均すると月に1回程度の頻度になるようです。また、共働き世帯が多いことから、平日の夜か土日に行われる傾向にあるようです。

保育園役員の役職

MKJ_ahirucyankaigicyuu_TP_V

基本的に幼稚園と同様に構成されていることが多く、

・会長
・副会長
・書記
・会計
・会計監査

などの本部役員が中心となってPTAを運用します。

保育園の役員選出の方法

Green11_kessai20141123152655_TP_V

園によって異なりますが、役員選出の方法には大きく分けて

・立候補
・くじ引き
・推薦

の3つがあります。基本的には“立候補→くじ引き”or“立候補→推薦”という流れで行われます。

立候補

役員選出の一番はじめに行われることの多い方法です。

役員をやってみたいという人が立候補して担当を決めていくというものですが、実際にはなかなか手が挙がらず、重苦しい空気が流れることも。

中には一人ひとりに役員ができない理由を説明してもらう園もあるようです。この段階で役員・委員の担当がすべて決まることはまれだとされています。

くじ引き

立候補する人がいなければ、くじ引きで担当が決定されます。くじ引きで名前が出た人は引き受けなければなりませんが、事情があって参加できない人は免除されます。

しかし、一人の辞退が受け入れられると収拾がつかなくなることがあるため、よっぽどの事情がない限りは引き受けるように説得されます。

推薦

推薦にはさまざまな形式があり、

・役員選出会で対象の人の名前を書いて提出する
・選考委員が独断で決める
・先生や選考委員に直接推薦する

などがあります。候補に挙げられて一度白羽の矢が立つと、選考委員から電話や訪問などでしつこく説得されることもあり、辞退するのは難しいようです。

保育園役員を免除してもらえる人の特徴

140626anjinew

一度役員候補として挙げられてしまうと、断ることが難しくなりますが、事情によっては免除してもらえる場合もあります。

一般的には、以下のような理由があれば役員を免除してもらいやすいと言われています。

・一度役員をやったことがある
・妊娠している
・家族を介護している
・シングルマザー/シングルファザー

ちなみに、幼稚園や小学校では“赤ちゃんがいる”ことも免除の理由になりますが、保育園には0歳児クラスがあり、同じように赤ちゃんがいる人が多いため、免除の対象にはならないようです。

反対に、役員を免れづらい人の特徴としては、

・一人っ子の家庭
・自営業
・専業主婦

などが挙げられます。

保育園で役員をやるメリット3つ

mountains-nature-sky-sunny-large

「役員なんてやりたくない」と考えている人は多いですが、実際にやってみると意外と楽しかったという人もいるようです。

そこで、以下では実際に保育園の役員を経験したママが語るメリットをご紹介します。

(1)ママ友ができる

『行事の準備や話し合いを通してたくさんのママ友ができました。育児の不安などを共有できてとても心強かったです』

役員をやるメリットとして真っ先に挙がるのがこの理由ではないでしょうか。

保育園には0歳児から5歳児までを育てているママがいるため、友達になると幅広い角度から育児についての情報を得ることができるようです。

(2)お遊戯会などで優遇してもらえる

『PTA活動を通して先生と仲良くなると、お遊戯会で主役やセリフの多い役をもらえたりします。他のママには悪いですけど(笑)……役員の特権かな、と思っています』

役員の活動で先生と仲良くなると、いろいろなことで優遇してもらえることがあるようです。子育ての悩みも親身に聞いてくれるようになるので心強いですね。

(3)度胸がつく

『今まで内気だった私ですが、保育園の役員をやるといろんな人と話す機会があるため、少しずつ苦手意識がなくなって度胸がついたように思います』

役員活動をしていると、多くの人と話したり、司会を担当したりとコミュニケーションを取る機会が格段に増えます。

そのため、内気だった人が社交的になったというケースも少なくないようです。

保育園で役員をやるデメリット3つ

反対に、役員を経験してデメリットを感じる人も少なくないようです。

161025songaibaisyouhoken03

(1)時間が取られる

『役員をやって一番嫌だったのは時間が取られること。わざわざ有給取って集まってもムダな話しかしないし、本当に効率が悪かった

役員活動には多くの集会がつきものですが、園によってはただ食事をして終わり、という場合もあります。

家事や育児、仕事の時間を削っている人にとってはただただツラい時間に感じるようです。

(2)人間関係のトラブルに巻き込まれる

『会長と副会長がいざこざを起こして派閥みたいなのができて大変だった。私は中立の立場だったけど、どっちのグループからも悪口を聞かされて最悪だった』

役員活動はママ友を作る良い機会でもありますが、反対にトラブルが起こる原因にもなります。

最初の役員決めの際にもめて5年間和解しないまま卒園したというケースも。

(3)報酬が一切出ない

『どんなに頑張っても見返りがないんじゃやる気出ない。PTAのぐだぐだっぷりはそれが原因だと思う』

ボランティアだからやる気が出ないという意見は多く見られました。

また、保育士不足の園では行事の準備をほとんど保護者が担当することもあり、その労働量の多さから「タダ働きは割に合わない」と感じる人も少なくないようです。

本当にあった! 保育園の役員にまつわるトラブル

pexels-photo-large

(1)子どもがいじめられた……

『保護者会の運営の仕方で会長ママと討論になって険悪なムードに。その後しばらくは何事もなかったのですが、そのうち息子がやたらひとりぼっちでいることに気づきました。後からママ友に聞いたら、うちの息子と遊ばないようにと戒厳令がしかれていたそう』

(2)泥棒に仕立てあげられた

『子ども同士のいざこざがこじれて、親同士もギスギスした関係に……。相手のママはいわゆるボスママ。ある日会計係が「PTA会費が盗まれた!」と騒ぎはじめ、なぜか矛先が私に向いてびっくり。当時は必死に否定したけど、あれはボスママが仕組んだことだと思う』

(3)役員を辞退したら村八分に

『くじ引きで役員に当たってしまったのですが、シングルマザーの私には役員は絶対無理だったので、丁重にお断りしました。しかし、その後から近所の人たちがよそよそしくなり、あいさつすら返してくれなくなりました。うちのPTA会長は町内会長も兼任していたらしく、私を村八分にしたようです』

保育園の役員を上手に断る方法

161024sakubun

家庭や仕事の事情によっては、役員を務めることが困難な場合もあります。しかし、正当な理由があれば気持ち良く辞退できるというものではありません。

伝え方によってはトラブルに巻き込まれることもあるため、役員を断る際には角を立てない工夫が必要です。

(1)「協力はする」とフォローする

いくら真っ当な理由があったとしても、「うちは無理!」と愛想なく断ることはNGです。

「役員は難しいですけど、できる限り協力はしたいです」など、完全に断るのではなく、協力の姿勢を見せるようにしましょう。

無愛想に突っぱねるよりも誠実さを伝えることができます。

(2)先手を打っておく

自分に引き受けられない理由がある場合は、立候補やくじ引きが始まる前に堂々と「できない」と伝えるようにしましょう。

くじ引きで決まった後にたらたらと言い訳をすると嘘だと思われてしまいます。先手を打っておくことが大切です。もちろん、「協力はしたい」のフォローも忘れずに。

(3)嘘は絶対つかない

役員を断る際に「去年やったから……」「介護してるから」などと嘘をつく人もいるようですが、そういう嘘は案外ばれています。

役員を断る理由は皆記憶しているもの。会話の中で少しでも矛盾が生まれれば疑われてしまいます。絶対に嘘はつかないようにしましょう

保育園の役員を上手に運営する方法

people-coffee-tea-meeting-large

PTAをうまく運営していくには、役員同士の十分な理解と意思疎通が大切です。

「みんな忙しい」ということを前提に置き、役割を平等に分担するようにしましょう。

無駄な会合を減らすために「何のためにPTAがあるのか」ということを話し合い、目的を役員の中で共有しておくことも大事です。

まとめ

「保育園の役員決めの方法」や「役員を上手に断るコツ」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

一般的に悪いイメージがある役員活動ですが、ママ友が作れたり社交的になれたりとメリットもたくさんあるようです。

あまり偏見を持たずに自身の生活状況と照らし合わせて、役員になるかどうかを決めたいですね。

●ライター/sarah(ママライター)
●追記/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする