弁護士が伝授! 離婚後の慰謝料請求について

【男性からのご相談】
3年前に離婚しました。当時、特に慰謝料や養育費など取りきめることなく離婚したのですが、今になって、元妻が結婚当時浮気していたことがわかりました。離婚後ではありますが、浮気していたことへの慰謝料は請求できますか? その話を妻にしたら、重ねるように、「子供の養育費を出してほしい」と言われました。そもそも離婚後に慰謝料も、養育費も請求できるのでしょうか? 

a 離婚後に、慰謝料や養育費を請求できる可能性はあります。

こんにちは、弁護士の篠田恵里香です。

皆さん意外に知らない方が多いようなので、詳しくお話しましょう。

130924sinoda

慰謝料請求の時効は、「損害及び相手方を知ったときから3年、行為時より20年」

法律上、浮気は不法行為(民法709条)と扱われ、慰謝料請求の時効は、「損害及び相手方を知ったときから3年、行為時より20年」とされています。

これを過ぎると請求ができなくなるんですね。ちょっと難しいですが、「浮気そのものの慰謝料」の時効は、「浮気の事実及び相手方を知った時から3年」が原則になります。一方、浮気が離婚の原因となっていた場合は、「離婚したことに対する慰謝料」の時効となるため、「離婚時より3年」となります。また、離婚時に、「今後一切の請求をしない」とか、「債権債務関係なし」という合意をしていた場合には、慰謝料等を一切放棄したと判断され、請求ができなくなる可能性があります。

今回のケースについてみると、離婚の際に何ら取り決めがなく、離婚後に浮気の事実を知ったのですから、その時点から3年が経過していない限り慰謝料を請求できます。

なお、裁判には証拠が必要ですが、相手が浮気の事実を認めるのであれば、証拠の有無は問題になりませんので、元妻や浮気相手に対して、慰謝料請求をすることが可能でしょう。

養育費は、子供が成人するまで原則いつでも請求できる

次に養育費ですが、離婚時に取決めをしなかった場合でも、子供が成人するまで原則いつでも請求できます。そして、養育費は父親である以上当然に負うべき扶助義務ですので、夫婦のどちらが悪かったかは関係ありません。

なお、離婚時に、「養育費は一切請求しない」というかたちで養育費の放棄をしていた場合でも、原則改めて請求することができます。なぜなら、養育費はあくまで子供が生きるための権利であり、親が放棄できる性質のものではないからです。

養育費は遡って請求できるの?

養育費の取決めをしていなかった場合には、「これまでの分も払え」と請求することはできません。逆に、養育費の取決めがあったのならば、当事者の合意であれば5年の時効、裁判所の調停・審判・裁判などであれば10年間の時効にかかりますが、この期間内は滞納分も遡って請求できます。


離婚してしまった以上、何も請求できないと誤解している方が多いようですが、慰謝料・養育費の他、年金分割や財産分与も、離婚後2年間は請求できます。是非覚えておいてください。

●ライター/篠田恵里香(アディーレ法律事務所:東京弁護士会所属)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (4)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする