なぜうつ病の薬が!? 肩こりに精神安定剤の「デパス」が処方されるワケ

【男性からのご相談】
母が肩こりからくる頭痛がひどく、病院に行ったところ『デパス』という薬を処方されていました。この薬は精神安定剤のようですが、正しい処方なのでしょうか?

a デパスは筋弛緩剤の効能もあり、肩こり改善に使用されることもあります。特におかしいことではありません。

ご相談ありがとうございます。ライターの佐藤です。

肩こりは重篤化するとしばしばつらい頭痛を引き起こします。マッサージなどを受けても、効果が表れない場合が多く、その場合は投薬治療をすることになります。今回は、肩こりの投薬治療でどういった薬が処方されるのかを見ていきましょう。

150519satoshunji

肩こりが原因の頭痛に処方される薬

一般的に、肩こりが原因の頭痛を解消する場合に処方される薬は『ギボンズ』や『メキタック』が多いです。いずれも筋肉の運動を司る脳や脊髄に働きかけ、筋肉の緊張を解消する効果があります。

経験のある方もいらっしゃると思いますが、これらの薬で効果が出ないケースもあります。これは、“コリ”が筋肉の緊張以外にもさまざまな原因で発生するためです。

デパスは心の緊張を緩和することもできます

『デパス』はいわゆる精神安定剤で、神経症やうつ病の治療に使用されることが多い薬です。しかし、この『デパス』は筋弛緩剤的な効果も持っており、肩こりに効果があるとされています。また、精神を安定させることで余計なストレスを消し去ることもできますから相乗効果が見込めます。

こういった理由から、『ギボンズ』や『メキタック』が効かないと考えられる場合にデパスを処方されることがあるのです。

医師からの確認が基本

精神安定剤を処方されることに抵抗を感じる人も多いと聞きます。依存度が高くなってしまう危険性があるだけに、処方する場合は医師が患者に同意を確認することが基本です。

説明なく処方されることはまれだと思いますが、もしそうだとしても用法を守れば薬そのものが危険というわけではありませんので、安心していいと思われます。

現在は薬や病院の評判がネットですぐに調べられる時代です。しっかり調べて賢く選びましょう。

【参考リンク】
エチゾラム:デパス | おくすり110番

【関連コラム】
効能別に使い分け! 市販の鎮痛剤選びのポイント3つ
筋肉の○○が原因!? “肩こり”が起こる人の特徴と解消法
特に女性は気をつけて! 片頭痛になる4つの誘因と対処法
頚椎症カモ!? 30代でも発症する“四十肩”の症状と予防法
うつ病だけじゃない! 知っておきたい“三大精神疾病”の基礎知識

●ライター/佐藤俊治(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする