効果はアリorナシ? 肩こりは“薬”で治療できるのか

【男性からのご相談】
肩こりがツライです。内服薬などを飲んでいますが、これは本当に効果があるのでしょうか? いまいち効果が実感できませんし、ちょっと気になっています。肩こりを薬で治すことができるのか教えてください。

a 薬による治療が有効な場合もあります。

こんにちは、健康ライターの鍋谷萌子です。

「同病相憐れむ」という言葉がありますが、同じようにつらい肩こりに年中悩まされている私としましては、とても身につまされるご相談です。

今回は、薬による肩こりの治療について考えてみましょう。

150518otsukaasaka

肩こりに薬は効くのか

結論から言えば、肩こりに対して“薬”という方法でアプローチすることは、決して無意味なことではありません。

肩こりが起こるもともとの原因というのは、“筋肉の緊張による血行不良”です。そのため、筋肉を弛緩させる筋弛緩剤などを使うことによって、痛みを和らげることができます。一般的には注射ではなく、“飲み薬”という形で処方されることが多いです。

そのほかにもこんな薬があります

それ以外にも、痛みを抑える目的で鎮痛消炎剤が処方されることもあります。“体質改善”を目指すなら、漢方薬も有効でしょう。それらでも症状が改善しないということであれば、麻酔を筋肉に注射するという方法がとられます。


もっとも、こういった“薬”に頼るのは、自分自身で生活の見直しや運動を行っているにもかかわらず、症状が改善しない場合のみにした方がよいでしょう。また、肩こりのなかには心因性のものもあり、その原因を把握しなければ、本当の意味での改善が難しいこともあります。

症状が重い場合には病院へ

「痛みがひどい」「肩こりがとれない」という症状で悩んでいる場合、薬が処方される・されないにかかわらず、一度病院に行ってみることをオススメします。

肩こりの奥に重い病気が潜んでいる可能性も捨てきれませんし、心因性の場合などは特に、“誰かに話すこと”によって気持ちがラクになる可能性もあります。つらい肩こり、改善できる方法を一緒に模索していきましょう。

【参考リンク】
肩こりを薬で治す方法 | 平沼整形外科クリニック

【関連コラム】
“ゆうれいポーズ”でパソコン業務の肩こりを撃退する方法
筋肉の○○が原因!? “肩こり”が起こる人の特徴と解消法
なぜ若い頃より遅く来る? 筋肉痛を早く治すケア方法4つ
実は新しい概念? 約55%の人が抱えている“ストレス”の本質
3人に1人が経験アリ!? 4つに分類される“不眠症”の原因と治療法

●ライター/鍋谷萌子(フードアナリスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする