男がいつまでも“初恋の女性”に幻想を抱く心理

【女性からのご相談】
結婚して5年になります。夫は最近、寝言で、「由美子」と言っています。私は、「小百合」です。一度夫を起こして、説教したこともありますし、夫の財布やカバンのなか、ケータイを調べて、浮気の証拠を探したこともありますが、夫は浮気をしておらず、「由美子とは、中学生の初恋の女性だ」と言い張ります。

こんな夫、どうすればいいのでしょうか?

a 男はまちがいなくロマンチストである。

こんにちは。ミクノです。

どうすればいいのでしょうか? という答えとして、「海か山に夫を捨ててきなさい」というものを期待しているのではないと思いますので、え~と、今回は旦那さんは浮気をしていない。そして、1%の悪気もなく、初恋の人の名前を口走ってしまう。その男性心理とは? という視点でお答えしたいと思います。

130818mikuno

女性のほうが“現実的”と評されるワケ

男女ともに異性に幻想を抱きます。しかし女性はわりと、「オトコってこういうものね」というかんじで、現実によく“馴染む“ものです。一方、男性はいつまでも幻想を大事に、胸の奥にしまっています。

ある精神科医のもとにやってきた患者さん(35歳・男性)は、初恋の女子を絵にすると言い張って、売れない“絵かきさん”を15年以上も続けていると言います。要するに、幻想を絵にする(幻想と共に生きる)ことを15年も続けているわけです。

当然のことながら、時は前にしか進まないので、あの頃の初恋の女子は、永遠にあの頃に閉じ込められたままであり、20年絵に描き続けようが、30年続けようが、戻ってくるわけではありません。

ロマンを描くオトコと家事をするオンナ

極端な例を提示しましたが、男性はわりと“あの頃”を大事に胸に抱えており、それを誰にも汚されたくないと思っており、女性は現在進行形の生きものとして、「あなた、夢のなかで誰と会話しているの? バカ?」と怒る。

こういうのは、浮気うんぬんではなく、男女の頭脳の作られ方の違いがそうさせている、ということでしょう。

なぜ男性は一度描いた幻想を、後生大事に持ち続けるのか?

ちなみに、なぜ男性は一度描いた幻想を、後生大事に持ち続けるのか? については諸説あり、男性はマンモスを追うという、ロマンあふれる(?)ことをやってきた。片や女性は、家事・子育てというロマンでは済まされないことを延々とやってきた……という環境適応論的な意見もあります(もちろんこれだけが理由ではないと思うけど)。

まあ、確かに「家事」を言い換えると、“永遠の後片付け”とも言えるわけで、ロマンで部屋が綺麗になれば、誰だって苦労しないということでしょう。

旦那さんは、ロマンチストだということで、許してあげたらいかがですか?

【参考文献】
・『「夫婦」という幻想』(祥伝社)/ 斉藤学

●ライター/ミクノトモ(作家・コラムニスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする