患者数は600万人!? 男性の更年期障害「LOH症候群」の症状と対処法

【男性からのご相談】
もうすぐ50代になります。最近、仕事が忙しいせいか、イライラして夜眠れなくなったり、朝起きても疲れがとれていないことが多く、頭痛や肩こりにも悩まされています。妻には、「更年期じゃないの」と言われましたが、男でも更年期障害になるのでしょうか。

a 症状の現れ方には個人差がありますが、更年期障害は女性だけでなく男性にも起こります。

ご相談ありがとうございます。健康・美容ライターのMAKIです。

更年期障害というと、閉経前後のタイミングで女性に現れるイライラ、ほてり、めまいなどの症状がよく知られていますが、最近、“男性更年期”、“男性更年期障害”という言葉がよく聞かれるようになりました。ここでは、男性の更年期障害の症状や女性の更年期障害との違い、原因、対処法についてご紹介します。

150514maki

男性の更年期障害と女性の更年期障害の違い

男性の更年期障害の症状には、女性の更年期障害の症状とほぼ同じで、

・ほてり
・のぼせ
・冷え
・動悸
・息切れ
・めまい
・不眠
・倦怠感
・頭痛
・肩こり
・不安感

などがあります。男性の場合はそのほか、性欲の減退なども見られることが多いとされています。

男性の更年期障害の原因は、加齢に伴う男性ホルモン“テストステロン”の分泌量の低下です。

女性の場合は、生理の間隔が開くようになったり、年齢的なものでおおよそ閉経のタイミングが掴めます。一方、男性の場合は、徐々に男性ホルモンが減っていくこと、生理がないことから、どのタイミングで更年期に入るのかというタイミングが掴みにくいという特徴がありますが、だいたい40代後半〜50代に発症することが多いとされています。

男性更年期は、最近になって広く一般にも知られるようになりましたが、泌尿器科の医師によると、医学的には、“LOH症候群(加齢男性性腺機能機能低下症候群)”と呼ばれており、推定600万人がかかっている、意外にも患者数の多い疾患なのだそうです。

男性の更年期障害の対処法

男性更年期障害は男性ホルモンの分泌量の低下によるホルモンバランスの乱れによって表れます。従って、対処法はホルモンバランスを整えるために男性ホルモンを増やすことです。

日常生活でできる男性ホルモンを増やす方法でおすすめの方法は生活習慣の改善です。睡眠不足やストレスをできるだけ解消し、食事はカキ、豚レバー、チーズなどの亜鉛を豊富に含む食材を意識して取り入れるようにしましょう。亜鉛は、男性ホルモンを合成する際に必要となるミネラルです。

また、自律神経を整え、精神を安定させるセロトニンを多く含むバナナ、チーズ、米もおすすめの食材です。

気になったら、早めの受診を

LOH症候群は、内科や泌尿器科で血液検査を受けることでホルモンの数値を見れば診断できます。

自覚症状があっても、その症状の一つ一つが軽度なものである場合、「気のせいだろう」とか、「すぐに治るだろう」と放っておくことも多いのですが、早い段階で気づき、医療機関を受診することで、症状の悪化を防いだり、将来の認知症を予防することもできるので、気になる症状がある場合は、一度医療機関を受診するようにしましょう。

【参考リンク】
News Letter vol.10 | 日本Men”s Health医学会(PDF)

【関連コラム】
身体ナビゲーションVol.47「男性の更年期障害」
ダイエットが原因!? 20代女性でも発症する「若年性更年期障害」とは
身体ナビゲーションVol.48「男性ホルモンと薄毛の関係」
平均○歳で発症!? 女性の「更年期障害」の主な症状と治療法2つ
更年期女性の味方! エストロゲンを分泌させる“ボロン”を含む食品一覧

●ライター/MAKI(健康・美容ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする