あなたは大丈夫? 生活に支障をきたす「ギャンブル依存症」診断4項目

【男性からのご相談】
夜勤続きで周囲の友人と時間が合わず、開店と同時にパチンコ屋に入り、暇をつぶすことが多くなりました。最近、妻から、「あなたはギャンブル依存症なんじゃないのか」と指摘されます。長時間ギャンブルに打ち込むこともないし、そんなことはないと思うのですが……。ギャンブル依存症について教えてください。

a まずは自分がギャンブル依存症かどうかをチェックしてみましょう。

こんにちは、ライフライターの鍋谷萌子です。

ギャンブル依存症に限らず、“依存症とはそもそもどこからどこまでを言うのか”というのは、よく話題に上るものです。

ギャンブル依存症の診断は、テストによって若干の差があります。ただ、その基本となるのは以下の4つです。

【ギャンブル依存症の特徴4つ】
・中毒性があり、「今日負けた分をまたギャンブルで取り返そう」というように考えてしまう
・ギャンブルによって、人間関係に支障をきたしている
・金銭的に困窮していたり、仕事に支障がでたりといった明確な問題があるにも関わらず、やめられない
・ギャンブルに行った証拠を隠したり、過小報告したりする

150507otsukaasaka

ギャンブル依存症が怖い理由

ギャンブルというのは、自分のお小遣いの中でやりくりし、かつ節度をもってやっているのであれば、それほど大きな問題にはなりません。

しかし、ギャンブルを優先するあまり人間関係をおろそかにしたり、時間を無駄にしたりすることは大きな問題です。また、ギャンブル依存症の場合、それはとりもなおさず、“生活の困窮へのルートを一直線に突っ走ること”を意味します。

ギャンブルは、“勝てばお金が戻ってくる”という遊びですが、それが逆に問題を深くしています。射幸心をあおり、「負けを取り戻せるのではないか」と考えるがあまり、ズブズブと深みにはまっていってしまうのです。

当たり前のことではありますが、ギャンブルが商売として成り立っているのは、“勝ったお客が得る金額”よりも、“負けたお客が払う金額”の方が多いからです。

しかし、依存状態になっていると、「自分だけは大丈夫」と思い込み、もしくはそれすらも考えなくなります。この結果として、消費者金融や周囲の人間、親戚などに金を借りて多重債務に陥る、というケースが起こり得るのです。

ギャンブル依存症は、“病気”です

すでに自分の意思だけでやめるのが難しいのであれば、病院に足を向けることが必要です。

本人が病院に行きたがらない、という状態であるのなら、家族だけでも病院に行きましょう。そこで受けた指導をもとに接することは有意義ですし、「ギャンブル依存症の家族を抱えている自分にも、味方になってくれる人がいる」という安心感は、非常に大きいものだからです。

【参考リンク】
ギャンブル依存症自己診断 | 指宿竹元病院

【関連コラム】
夫の“ギャンブル依存症”を克服させる方法
自らブラックリスト入り!? 夫に二度と借金をさせない強行手段2つ
肩代わり分は!? 離婚後に元夫へ「借金」や「慰謝料」を請求できるか
WHOが定める”アルコール依存症”チェックリスト6つ
サインしても大丈夫!? 夫婦間の誓約書に効力はあるのか

●ライター/鍋谷萌子(フードアナリスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする