肝心なのは買った後? キャンピングカー購入のメリット&デメリット

【パパからのご相談】
子どものころから、とにかくキャンピングカーに憧れていました。宿を定めず、気が向いたときにぶらりと旅に出る。そういう気軽さに、ずっと憧れを抱いています。今度子どもが生まれるのですが、できれば子どもも一緒に連れていき、そういう思い出を作ってやりたいと思います。ただ、購入する上では、やはりデメリットやリスクも気になります。キャンピングカーを購入する上でのメリットとデメリットを教えてください。

a キャンピングカーは魅力的ですが、金銭面の負担も大きいです。

こんにちは、ライフライターの鍋谷萌子です。

キャンピングカーは、1つの憧れの象徴とも言えますよね。私も子どものころ、父の友人が所有していたキャンピングカーに乗せてもらい、小旅行に出向いたことがあります。このときの記憶は、30を超えた今でもとても鮮やかです。

150505otsukaasaka

キャンピングカー購入のメリット

さて、そんなキャンピングカーの魅力ですが、これはご相談者様もおっしゃっている通り、やはり、“いつでも、どこでも、気が向いたときに旅に出られる”ということでしょう。

時間に追われずに旅行ができるというのは、キャンピングカーの大きなメリットですよね。

また、小さなお子さんがいて急に泣き出しても、公共の移動手段とは違い、周囲に気を使う必要がありません。急に、「トイレに行きたい!」ということになっても、次のサービスエリアまで急がなければいけないこともありません。

“自分たちだけの家”がそのまま移動手段となるのですから、その快適さは非常に大きいものでしょう。

キャンピングカー購入のデメリット

デメリットの中でもっとも大きいのは、金銭的な面です。これについては後述します。そのほか、保管場所なども問題になることがあります。どこかで停車しようと思ったときも、屋根のある駐車場などですと、高さ制限にひっかかってしまうこともあります。

また、暑さ対策も必須です。これは車などによって大きく違いますが、場合によっては発電機の導入を検討しなければならないことも……。

キャンピングカーはやっぱりぜいたく品!?

先ほど、キャンピングカーを購入する上での最大のデメリットは“金銭的な面”としました。その理由を考えましょう。

キャンピングカーの値段はさまざまですが、やはり最低でも400万円ほどは必要です。なかなかに高価であり、資金に余裕がないと厳しいのが現状です。加えて、維持費もかかります。

このため、「自分自身のキャンピングカーを持つ」ということを考えるなら、資金計画は必須です。「夏休みに2泊3日で旅行に行きたい」という程度の利用頻度だったとしたら、レンタカーを借りた方が安上がりになるかもしれません。

【参考リンク】
キャンピングカーのメリットとデメリットを教えてください。 | NUTS

【関連コラム】
家族でグアムへ! 子連れファミリーに最適なダイビングショップの選び方
先輩ママお墨付き! 長時間移動中に子どもを飽きさせないアイデア3つ
家族でキャンプを満喫できるBBQテクニック
公園でアウトドア気分!? 子連れピクニックで活躍するグッズ3つ
1億円の補償!? 子供の事故やトラブルに備えたい「個人賠償責任保険」とは

●ライター/鍋谷萌子(フードアナリスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする