もし地震が来たら? 妊娠中の災害に備えたい非常用品と連絡サービス3つ

【ママからのご相談】
妊娠初期の妊婦です。もしも妊娠中に大きな地震などが起きたらどうすればいいのでしょうか? 妊婦特有の非常用品などはありますか?

a 妊婦さん特有の非常用品と心構え、準備しておきましょう。

こんにちは。ご相談ありがとうございます。ママライターの横山かおりです。

妊娠中に大きな災害があったら本当に怖いですよね。私自身、息子を妊娠中に東日本大震災がありましたので人ごととは思えません。今回は世田谷区危機管理室災害対策課からのガイドラインをもとにご紹介していきます。

150424momo

妊娠中に備える非常用品

妊娠中に災害があった場合、持ち出し用の荷物に入れておきたいものとしては、

・母子健康手帳
・病院の診察券
・お薬手帳
・生理用品
・清浄綿
・分娩準備品(紙おむつ・タオルなど)

これらを準備しておくようにしましょう。

また、妊娠していてもしていなくても持っておきたいものとしては、

・貴重品(現金、通帳や健康保険証など)
・非常食、飲料水
・生活用品(懐中電灯、タオル、ビニール袋、マスクなど)
・その他必要だと思うもの(家族の写真、携帯、充電器、ラジオ、カイロなど)

これらは必ず準備しておきましょう。荷物は多くなりそうですが、必要最低限のものはいざというときのために必ず持ち出し用のバッグにまとめておきましょう。

妊娠中、もしも災害が発生したら

大きな地震などが発生した場合、精神的にもかなり不安になるでしょう。時期や気温にもよりますが、お腹が張りやすくなるかもしれません。まずは体をなるべく暖めるように心がけ、気持ちを落ち着かせるようにしましょう。水分補給も忘れずに。

また、万が一赤ちゃんが生まれそうになったり、破水してしまった場合は、近所の人や近くにいる人にまず助けを求め、清潔なナプキンなどをあてて横になっていましょう。とにかく落ち着いて対応することが大切です。

災害時に使える連絡サービス3つ

災害用伝言ダイヤル(171)

災害発生時の安否確認手段です。伝言の録音・再生ができます。保存期間は48時間です。

災害用伝言板(WEB171)

ネットを利用した伝言板です。WEB171のHPにアクセスすると被災地域の住民が伝言情報の登録、閲覧を行うことができます。

災害用伝言板サービス

大きな災害が起きた場合、各携帯電話会社のwebトップ画面に“災害用伝言板サービス”というものが表示されるようになります。災害時は各携帯会社の一括検索が可能になるので他社の携帯電話を利用している人の安否情報も知ることができます。


妊娠中でもそうでない場合でも、災害時への備えは必ず必要になります。妊娠中の場合、出産後の乳幼児連れの場合など非常用品が大きく異なってきますので、こまめに非常用品はチェックしておきましょう。

●ライター/横山かおり(ママライター、元モデル)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする