親のバカは遺伝する!? 勉強ができない子どもに自信をつける方法3STEP

【ママからのご相談】
小学校4年生の息子を持つ母親です。息子は、はっきり言って勉強ができません。クラスでも最下位と言っていいくらいです。そのせいで最近クラスのお友達からからかわれて泣いて帰ってきました。それをきっかけに全てが投げやりになってしまい、「どうせ僕はバカだから…」と言うようになりました。私自身も学生時代は成績が良くありませんでした。かわいそうに息子は私に似たのかもしれません。悲しくなって私まで落ち込んでしまいます。こんな私に何かアドバイスをお願いします。

a できない子と決めつけずにお子さんの可能性を伸ばすことを考えて!

こんにちは。ライターのakiです。

まず、息子さんもお母様もすっかり自信をなくしていらっしゃるようですね。小学校低学年で、自分はできないと思い込むなんてあまりにももったいないです。子どもの可能性は無限です。

まずは、お子さんとお母様が現状から脱して前向きな気持ちになることが大切だと思います。どうすれば子ども(もしくは親御さん)に自信がつくのか、まとめてみました。

150331aki

子どもに自信をつけさせるための3ステップ

(1)「親の私ができなかったから……」という考えは捨てる

『勉強できる子のママがしていること』著者の和田秀樹さんはこうおっしゃっています。

『親が勉強ができなかったから子供も勉強ができないのだ…と決めつけるのはよくありません。人間は本来それほど知的能力に差があるものではないのです。もし、親が子供の頃に勉強ができなかったのであれば、それは単に本当に正しい勉強法ができていなかっただけなのだと思います。正しい勉強法がわからなければ、やる気にさせるノウハウや学力を伸ばすノウハウを持つ教育機関に通わせて、いろいろなことを吸収するようにすることが大事ではないでしょうか。

また、子供に自信をつけさせる一番よい方法は、「自分はできる」と思わせることです。そのためには「できた」という体験をさせることなのです。とにかくやらせてみて「やったらできた」という喜びを実感させ、その次にもっとできるようになるためにはもっと努力が必要だということを納得させて努力を続けさせることが大事なのです』

(2)具体的な内容で褒めること

東大名誉教授で開成中高の校長でもある柳沢幸雄氏は、子どもの自信を育てるためには、「褒めること」が重要だとおっしゃっています。

『子どもが何をやりたがっているのかちゃんと観察し、やりたいことが出てきたら抑えつけずにやらせてみる。そして、少しでもできるようになったらしっかり褒める。そうすれば、成長の好循環に入ってぐんぐん伸びていきます。

ポイントは、具体的に褒めること。たとえば野球なら、「ちゃんとストライクが取れるようになったね。すごいね」と具体的に褒めることで、“努力しているところをちゃんと見ているよ”と子どもに伝えることができるのです』

(3)能力ではなく努力して成し遂げたことを褒める

米国の心理学教授のキャロル・S・ドゥエック氏の著書『Mindset』では子供の自信を深めるための褒め方のコツが伝授されています。

ある実験で子どもをふたつのグループに分け、「よくできたわね。頭がいいのね」と頭の良さを認めたグループと、「よくできたわね。頑張ったのね」と努力したことを褒めたグループでは、後者の方が喜んで前向きに新しい問題にチャレンジするようになったそうです。

「そんなに早く覚えられたなんて頭がいいのね」と能力を褒めると、「早く覚えられなければ頭が良くないんだ、ボロを出してはいけない」と子どもは捉え、新しいことに後ろ向きになってしまいます。

逆に、「ずいぶん長い間一生懸命宿題をしてたんだね。集中して終わらせて偉いぞ」と頑張ったことを褒めると、子どもは努力することが認められたと感じ一生懸命何かに取り組もうとするようになります。その結果、「やればできるんだ」という自信にもつながっていくのです。


「できた」と思えるような体験をさせること。その際に具体的な箇所と、努力して成し遂げたところを褒めるようにする。そうすると、お子さんの中でも、それをもっと達成しようとする“やる気”が出るはずです。そして、そのやる気こそが“自信”につながってくるのです。

まずは、お母様が毅然とした態度でお子さんを信じてあげてください。そしてお子様のやりたいこと、できたことを褒めてやる気を引き出してあげてください。それが大きな自信となってお子様の可能性を伸ばすきっかけになるはずです。

【参考文献】
・『Mindset』キャロル・S・ドゥエック・著
・『勉強できる子のママがしていること』和田秀樹・著

【関連コラム】
すぐ諦める子供に“レジリエンス”を身につけさせる方法
習い事より大事? 子供を勉強好きに育てるヒント3つ

●ライター/aki(中高英語教員)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする